psychologyに関する記事一覧


psychology

"どうせできないよ"、"失敗したらどうするの?"、"それやるとみんなに迷惑かかるんだよ"、何かをやろうとするとこのようなネガティブ思考が邪魔をする。これらの言葉は多くの場合は嘘です。これを信じると自由がなくなり孤立していくので信じちゃダメです。興味がある人は記事を読んでみてください。

psychology

ストレスを感じるのは生きている証拠です。生きている以上はストレスと上手に付き合っていく必要があります。「ストレスのない人生なんてそんなの死んだも同然」は僕がお世話になった先生の名言です。ストレスについて知っていること、対処法について少し紹介します。興味のある人は読んでみてください。

psychology

ゴットマンの5対1の法則とはポジティブとネガティブメッセージの割合のことです。ポジティブ5対ネガティブ1にするとカップルは長続きするし、幸福度が高くて上手くいきます。これから付き合おうとしている人や関係性をよくしようとしている夫婦・カップルは読んでみてください。

psychology

発達障害の診断は落ち込みます。障害は英語でdisorderと言います。disは"外れる"、"離れる"という意味があり、orderには"標準"という意味があります。つまり"標準から外れた"が障害の本当の意味です。障害と聞くと"欠陥のある人"と思いがちですが、意味の捉え方を変えると障害のイメージが変わります。

psychology

単純な理屈ですが、人の幸せを喜べないのは自分が幸せでないからです。笑顔を作って一生懸命喜ぼうとするのは辛いです。個人の幸福を喜べない理由は心の問題、文化的な問題があります。人の幸せを喜べない自分を責めないでください。むしろ、今までよくがんばってきたね、無理して喜ばなくていいんだよと励ましてあげてください。

psychology

ダメ男には甘えん坊なタイプや自己中心的なタイプ、束縛したり借金したりするタイプなどいろいろありますが、そのような男性と交際する女性の心理的理由について考えてみました。自分に価値を感じてない、あるいは幼少期に父親との関係で満たされなかった部分を埋める作業をしている可能性があります。詳しく知りたい方は読んでみてください。

psychology

人間関係の悩みは自分の心に起こる反応のストレスによるものです。自分の心にベクトルを向けて「僕はなんで怒っているんだろう。なんで泣けてくるんだろう。」と感情を感じて原因を追求すると徐々に反応が小さくなり、ストレスが軽減します。自分に向き合うと人間関係も変わって幸福になります。

psychology

マズローの欲求5段階説の自己実現欲求が満たされた人の特徴についてまとめました。自己実現ができている人は感情的になりにくく、客観視でき、ありのままの自分と他者を受容でき、人の幸福を願うことができるという特徴があります。自己実現に向かうための行動も記事で紹介していますので、ぜひご覧になってください。

counseling

カウンセリングは心の痛みと向き合うので辛い作業です。最初は受ければ受けるほど精神的に辛くなると思いますが、それはプロセスです。その後、最終的な課題にたどり着いたら(Hit the Bottomしたら)その後は良くなっていきます。治療が辛い人は読んでみてください。

addiction

スマホ・ネット・ゲーム依存になりやすい人はソーシャルサポートが少ないというのが数々の論文で報告されています。人にとって1番のソーシャルサポートは家族です。家庭内コミュニケーション、愛情が回復・予防のポイントになってきます。興味がある方はぜひ読んでみてください。