エンタメ

【嵐にしやがれ最終回】東山紀之・黒柳徹子の感動コメント全文まとめ

2020年12月26日、「嵐にしやがれ」の最終回が放送されました。

5人揃っての番組が終わってしまうのはとても悲しいですが、最終回はさまざまなゲストからのコメントがとても感動したと話題になっていました。

 

そこで今回は、嵐にしやがれ最終回のゲスト 東山紀之・黒柳徹子の嵐への感動コメント全文をまとめました

その他のゲストや関係した人たちからの反応もまとめました!

 

最終回の余韻に浸りながら、お楽しみください!

では早速いってみましょう!

嵐にしやがれ最終回 東山紀之のコメント(表彰式)

東山紀之さんは、嵐とのトークコーナー「隠れ家ARASHI」に登場してデビュー当時から知る嵐との思い出話に花を咲かせた後、嵐と「日本よいとこ摩訶不思議」をパフォーマンス。その後、嵐のメンバーに「表彰状」としてメッセージを読み上げました。

その内容は次の通りです。

全員へ…
「あなたがたは10年以上の長きに渡り、『嵐にしやがれ』を放送し続け、土曜の夜に笑いと感動を与え続けてきました。そんなみなさんに敬意を表して表彰状を送りたいと思います。嵐との思い出と言えば、1999年のハワイでのデビュー会見。ジャニーさんに言われて僕も一緒に行きましたが、いきなりデビューだと言われて、大人に囲まれ戸惑っていた5人の姿が忘れられません」

「いきなりデビューと言われ、大人に囲まれてとまどっていた5人の表情が忘れられません。あれから月日が流れ、押しも押されぬグループに成長したことは、君たちの絶え間ない努力のたまものだと思います」

櫻井翔へ…
「若いころにやんちゃをしていた時代を経てラップを作詞したり、キャスターや司会を務めたり、常に嵐のために将来の道を切り開いてきました。これからも新しい櫻井くんが見られることを期待しています」

二宮和也へ…
「いつも冷静沈着、決して表には見せませんが、時に熱く、エンターテイナーとして最高のパフォーマンスを追い求める姿、本当に素晴らしいと思います。これからも見ている人を楽しませる最高のエンターテイナーでいてください」

相葉雅紀へ…
「君の天真らんまんな笑顔、周りの人をひきつけてやまないその人間性がこれまでどれだけ他のメンバーを救ってきたことでしょう。これからも君らしく、輝き続けることを願います」

松本潤へ…
「己にストイックで最高のパフォーマンスを追及している姿、本当に頭が下がります。嵐だけではなく、ジャニーズ全体に目を配り、君の飽くなき探求心は、他のグループや後輩たちに本当に刺激になっています。これからもその姿を見せてください」

大野智へ…
「40歳、大野くん!リーダーらしいことはしていないと、いつも照れながら話しますが、君が背中で見せることで、メンバーが同じ方向を向き、嵐がここまでのグループに成長したんだと思います。やっぱり嵐のリーダーはあなたです。これまで本当にお疲れさまでした。本当にありがとう」

 

1人1人のことをしっかり見ていた東山さんだからこその、本当に心のこもったメッセージ・・・

メンバーもウルウルきていたようでした。

号泣してしまった方もいるのではないでしょうか。

私も思わず涙してしまいました。ジャニーズとしての縦の繋がりも感じられた本当に素敵な場面でしたね!

SNSでも感動のコメントが多数あげられていました!

Twitterでは、このように「温かいねぎらいをありがとうございます」など東山紀之さんへの感謝の声が殺到したようで、なんと「東山さん」がトレンド入りしていました!




嵐にしやがれ最終回 黒柳徹子のコメント

黒柳徹子さんは『隠れ家A・RA・SHI』にはファイナルゲストとして登場。黒柳徹子さんはMCという形で嵐への質問やコメントを投げかけ、その内容が視聴者を代弁している!感動した!などと大きな反響がありました。

 

その内容は次の通りです。

「私は長いこと泣いていない。この話をするときに『私は最近涙を流していない』って言うんだなって思ってたら昨日、あなた方のねツアーに行く時のリハーサルの模様が入っているフィルムみたいなのが私の元に来たの。それを観てたらどういうわけか涙が出て。あなた方があんまりね、仲良く、できないことがあっても誰かのせいにしないで。そういうのを見てたらね、なんて嵐っていいグループなんだろうって。久しぶりに泣いた」

このコメントに嵐メンバーも驚きの表情を見せ、櫻井さんは「その話に感動した」とコメントします。すると黒柳さんは続けてこう言いました。

「とっても仲が良いことが分かるの。そういうところが嵐の人気なんだなって。本当にとても素敵でした。」

嵐メンバーも思わず「帰ったら観よう」と言ってしまうほど、グッときたコメントだったようでした。

 

また視聴者が思わず「それ聞きたかった!」と思う質問をたくさん投げかけてくれました。

質問(黒柳):「活動休止ってことは、嵐でまた戻ってくるの?そういう話はまだしてないの?」

回答(櫻井):「(話は)してますよ。でも割と決めてることは何もない」

 

質問(黒柳):「元旦の仕事は本当に入ってないの?」

回答(松本):「入ってないです」

コメント(黒柳):「でもファンにしてみると、元旦から嵐がいなくなってしまう感じで寂しいでしょうね。でもみなさんにはみなさんの都合があってそうなったんでしょうね。」

 

質問(黒柳):「嵐での21年間はどんなものでしたか?」

回答(松本):「最高でした。デビュー当時の自分たちに言っても信じないと思う」

回答(二宮):「人生で一番いい21年間だった、と死ぬ前からわかるくらい」

回答(相葉):「奇跡的。このメンバーでいろんな景色を一緒に見られたことは奇跡だし財産」

回答(大野):「(他のメンバーが)この4人でよかったなというのは大きい。何も変わってないことがすごい」

回答(櫻井):「ここまでたくさん“ありがとう”と言ってきたが、その何倍も“ありがとう”と言ってもらえた、この2年弱はすごく幸せだった」

こうして21年間の活動を振り返った後、黒柳さんはこんな感動コメントを残します。

「こんなに素晴らしい20年間を元気なお若い時にね、過ごすことができて。そして違うステップを踏み出していけるっていうのは何て素晴らしい。羨ましく思います。」「みんなが、5人が出会えたのも人間の結びつきみたいなもの。そういう大切なことがとても素敵。」
「私も本当にあなた方に出会えていい人生だったと思います。これからもお幸せに」

 

黒柳さんの感動するコメントや的確な質問の数々に、視聴者からも大きな反響があったようでした。「黒柳さん」もトレンド入りしていました!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tetsuko Kuroyanagi(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿




その他ゲストからの反応

嵐との相性バッチリで司会をつとめていた、よしむーこと、吉村崇さんからはこんなコメントが自身のインスタにあげられていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉村 崇(@hnkyoshimura)がシェアした投稿

いい夢見させて頂きました
本当に本当にありがとうございました。
最後にはこんな素敵な頂き物まで
どんな頂き物かは…
お見せすることはできません
申し訳ございません

家宝に致します




まとめ

今回は「【嵐にしやがれ最終回】東山紀之・黒柳徹子の感動コメント全文まとめ」と題して、嵐にしやがれ最終回のゲスト、東山紀之さんと黒柳徹子さんのコメントをまとめましたが、いかがでしたでしょうか!

 

それぞれとても心のこもったコメントを残されて、嵐のメンバーも視聴者も感動していました。

嵐の番組が終わってしまうのは本当に寂しいですが、最高の最終回になりましたね。

 

嵐にしやがれ最終回を見逃した方や、番組を振り返りたい方はこちらをご覧ください。

また嵐の残りの出演予定などについて、こちらもご覧ください!

 

 

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!