エンタメ

西條奈加の大学高校中学は?経歴・プロフや過去作品を総まとめ!

西條奈加さんの小説「心淋(うらさび)し川」が第164回直木賞を受賞したと話題になっています!

西條奈加さんの作品を知っている人も、初めて知った人も、早速受賞作品に注目が集まっているようです。

 

西條奈加さんの本については知っている方も多いとは思いますが、西條奈加さんのプライベートについては良く知らない人も多いと思います。

 

そこで今回は「西條奈加の大学高校は?経歴・プロフィールや過去作品を総まとめ!」と題して、西條奈加さんの出身大学高校などの学歴や経歴・プロフィール、過去作品をまとめていきます。

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

(以下、西條奈加さんの受賞作品になります。)

西條奈加の大学高校中学は?

西條奈加さんの出身大学・高校・中学についてまとめました。

西條奈加の大学は?

西條奈加さんは大学に進学したのではなく、「東京英語専門学校」という専門学校を卒業しています。

東京英語専門学校は、英語を専門的に学ぶ学校で、1960年に創立した歴史ある学校です。

現在「総合ビジネス科」と「英語専門本科」の2つの学科があり、2年間のカリキュラムのようです。

偏差値は公開されていないためわかりませんでした。

卒業後は「米会話・商業英語の専門士」の称号が与えられるそうです。

 

西條奈加さんは卒業後、貿易関係の仕事に就いていますので、恐らく現在の「総合ビジネス科」にあたる学科で学んだのではないかと思われます。

この学校で学んだ知識を活かしてお仕事をしていたのでしょうね。

この頃から西條奈加さんは語学に興味があったと思われ、現在小説家としての素地になったのだと思われます。

西條奈加の高校は?

西條奈加さんの出身高校は「北海道帯広三条高等学校」です。

北海道帯広市にある公立進学高校で、現在の偏差値は「61」北海道内の公立学校のランキングは「19位」と、レベルの高い学校です。

 

西條奈加さんは北海道中川郡出身なので、地元の進学校に通っていたと思われます。

次に紹介する中学校から、車で約20分という場所にあるので、西條奈加さんは自宅から自転車で通っていたのではないかと思われます。

 

西條奈加の中学は?

西條奈加さんの出身中学は、「音更町立下音更(しもおとふけ)中学校」です。

中学校のレベルについては特に情報が見当たりませんでしたが、口コミでは「進学」「学習環境」「部活」などが県平均以上でしたので、優秀な生徒が多く、文武両道がしやすい環境だと思われます。

 

また「治安の良さ」も平均以上でしたので、地域も安全で住みやすい場所であると思われます。

また出身小学校も同学区の「音更町立下音更(しもおとふけ)小学校」だったようです。




西條奈加の出身や経歴・プロフィールは?

西條奈加さんの出身・経歴・プロフィールをまとめました。

西條奈加の出身は?

西條奈加さんの出身は「北海道中川郡池田町」です。

北海道中川郡池田町は現在人口約7000人と小さな町ですが、町営でブドウ栽培・ワイン醸造を行っており、「ワインの町」として知られているそうです。

 

西條奈加さんの出身小学・中学・高校は、池田町から公共交通機関で約1時間~1時間半かかる場所にあるので、小学校進学前に池田町から引っ越しをしたのかもしれません。

西條奈加の経歴は?

西條奈加さんは専門学校卒業後、貿易会社勤務を経て、2005年『金春屋ゴメス』で小説家デビューしました

20代半ばに北海道から出て、ずっと東京の下町に住んでいるそうです。

経歴を以下にまとめました。

  • 東京英語専門学校卒業
  • 貿易会社勤務
  • 2005年『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞を受賞しデビュー
  • 2012年『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞
  • 2015年『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞

西條奈加さんは貿易会社に会社員として勤めるかたわら、小説を書いていたそうです。

主に時代小説を得意とし、初期はファンタジー要素のある時代小説が多かったが後には一般の時代小説に移行していったそうです。

 

小説家になったきっかけは、中学生からのこんな妄想癖だったようですよ。

中学生のころから、気がつくと自作キャラクターを頭のなかで転がして、物語を作る癖があった。下手すると2時間以上、考える。就職してからも癖は止まらず、「妄想」の行き場をフィクションに求めて、文章を書き始めた

引用:朝日新聞デジタル

 

中学時代から豊かな想像力に溢れていたようですね。

また西條奈加さんは数々の賞を受賞していて、オススメする声も多数ありますので、今回の受賞作品もぜひ手にとってみたいですね!

西條奈加のプロフィールまとめ!

西條奈加さんのプロフィールは以下の通りです。

名前 西條奈加(さいじょう・なか)
生年月日 1964年11月9日
年齢 56歳
出身 北海道中川郡池田町
受賞作品 2005年『金春屋ゴメス』が第17回日本ファンタジーノベル大賞大賞
2012年『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞受賞
2015年『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞受賞

現在56歳という西條奈加さんですが、41歳でデビューしていたようです。

わずか15年の間にこれほどのすばらしい作品の数々を生み出したエネルギー溢れる西條奈加さん。

今後の活躍も多いに期待したいですね!




西條奈加の過去作品まとめ!

西條奈加さんの過去作品は、次の通りです。

金春屋シリーズ
  • 金春屋ゴメス(2005年11月 新潮社 / 2008年10月 新潮文庫)
  • 芥子の花 金春屋ゴメス(2006年9月 新潮社)
  • 【改題】異人村阿片奇譚 金春屋ゴメス(2009年5月 新潮文庫)
善人長屋シリーズ
  • 善人長屋(2010年6月 新潮社 / 2012年9月 新潮文庫)
  • 閻魔の世直し 善人長屋(2013年3月 新潮社 / 2015年9月 新潮文庫)
  • 大川契り 善人長屋(2014年11月 新潮社 / 2018年7月 新潮文庫)
神楽坂日記シリーズ
  • 無花果の実のなるころに(2011年2月 東京創元社)
  • 【改題】無花果の実のなるころに お蔦さんの神楽坂日記(2013年9月 創元推理文庫)
  • いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記(2013年11月 東京創元社 / 2016年8月 創元推理文庫)
  • みやこさわぎ お蔦さんの神楽坂日記(2016年10月 東京創元社 / 2019年7月 創元推理文庫)
南星屋シリーズ
  • まるまるの毬 南星屋繁盛記(2014年6月 講談社 / 2017年6月 講談社文庫)
  • 亥子ころころ(2019年6月 講談社)
その他
  • 烏金(2007年7月 光文社 / 2009年12月 光文社時代小説文庫)
  • 恋細工(2009年4月 新潮社 / 2011年9月 新潮文庫)
  • はむ・はたる(2009年8月 光文社 / 2012年3月 光文社時代小説文庫)
  • 御師弥五郎 お伊勢参り道中記(2010年10月 祥伝社 / 2014年2月 祥伝社文庫)
  • 四色(よしき)の藍(2011年5月 PHP研究所 / 2014年11月 PHP文芸文庫)
  • 涅槃の雪(2011年9月 光文社 / 2014年8月 光文社文庫)
  • 朱龍哭く 弁天観音よろず始末(2012年2月 講談社)
  • 千年鬼(2012年6月 徳間書店 / 2015年8月 徳間文庫)
  • 三途の川で落しもの(2013年6月 幻冬舎 / 2016年12月 幻冬舎文庫)
  • 上野池之端 鱗や繁盛記(2014年3月 新潮社 / 2016年10月 新潮文庫)
  • 六花落々(りっかふるふる)(2014年12月 祥伝社 / 2017年10月 祥伝社文庫)
  • 睦月童(2015年2月 PHP研究所 / 2018年12月 PHP文芸文庫)
  • ごんたくれ(2015年4月 光文社 / 2018年1月 光文社時代小説文庫)
  • 秋葉原先留交番ゆうれい付き(2015年10月 KADOKAWA/角川書店 / 2018年4月 角川文庫)
  • 九十九藤(2016年2月 集英社/ 2018年9月 集英社文庫)
  • 刑罰0号(2016年8月 徳間書店 / 2020年2月 徳間文庫)
  • 猫の傀儡(2017年5月 光文社 / 2020年5月 光文社文庫)
  • 銀杏手ならい(2017年11月 祥伝社)
  • 無暁の鈴(2018年5月 光文社)
  • 雨上がり月霞む夜(2018年11月 中央公論新社)
  • 永田町 小町バトル(2019年1月 実業之日本社)
  • 隠居すごろく(2019年3月 KADOKAWA)
  • せき越えぬ(2019年11月 新潮社)
  • わかれ縁 (2020年2月 文藝春秋社)
  • 心淋し川 (2020年9月 集英社)
アンソロジーその他
  • 江戸猫ばなし(2014年9月 光文社時代小説文庫)「猫の傀儡」
  • なさけ 〈人情〉時代小説傑作選(2018年3月 PHP文芸文庫)「善人長屋」

西條奈加さんは本当に多くの作品を生み出していますね!

特に以下の受賞作品は要チェックですね!他にもSNSなどでは多くの作品がおすすめされているので、この機会に読んでみてはいかがでしょうか。




まとめ

今回は「西條奈加の大学高校は?経歴・プロフィールや過去作品を総まとめ!」と題して、西條奈加さんの出身大学高校などの学歴や経歴・プロフィール、過去作品をまとめました。

西條奈加さんの学歴は次の通りでした。

  • 東京英語専門学校
  • 北海道帯広三条高等学校
  • 音更町立下音更中学校
  • 音更町立下音更小学校

 

また経歴は、専門学校卒業後、貿易事務の仕事をする傍ら小説を書き、2005年にデビューしました。その後数々の作品を生み出し、何度も受賞するなど大いに活躍しています。

 

今回の直木賞受賞した作品は、すぐ売れ切れてしまうことも考えられるので、早めに購入されることをオススメします!


 

今後も西條奈加さんの活躍を楽しみにしたいですね!

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!