エンタメ

逃走中2020子役(キッズ)はやらせ?ハンターから逃げられるわけがない!

2020年8月30日にテレビ番組「逃走中〜真夏のハンターランド」が放送されます。

逃走中は人気番組で、毎回ハンターから逃げきれるかハラハラドキドキしますよね!

 

今回の逃走中の舞台は東京お台場にある巨大商業施設で、ゲーム参加者の20名のうちの6名は子役(キッズ)だそうです。

逃走中は以前からやらせ疑惑がありますが、果たしてやらせなしに子供たちがハンターから逃げ切ることはできるのでしょうか。

 

そこで今回は「逃走中2020子役(キッズ)はやらせ?ハンターから逃げられるわけがない!」と題しまして、子役に限った逃走中のやらせについて考えていきたいと思います。

それではさっそく本題に入りましょう!

逃走中2020子役(キッズ)はやらせ?ハンターから逃げられるわけない!

まずは結論ですが、当記事では逃走中の子役はやらせであるというスタンスのもとに書いています。

 

子役に関して逃走中がやらせと考えられる理由は以下の通りです。

・カメラマンがついた状態では子役は逃げられない
・ハンターの足の速さからは子役は逃げられない

 

順番に説明してみます。

カメラマンがついた状態では子どもは逃げられない

逃走中はカメラマンがいない設定になっていますが、実際はカメラマンがついて逃走者を撮影しています。

これは実際に以前SNSでアップされていた写真ですが、おそらく今回の逃走中の撮影をしているところです。

 

髪の毛の色から、お笑いコンビEXITの兼近大樹さんだと思います。

この画像を見る限りではカメラマンとスタッフの計2名の方がいますよね。

 

当然ですが、子役にもカメラマンやスタッフがついて撮影することになります。

カメラマンやスタッフがついた状態では簡単にハンターに見つかってしまい、子役は簡単につかまってしまうでしょう。

 

もし捕まらなかったとしたらやらせだということになりかねないですよね。



ハンターの足の速さからは子役は逃げられない

ハンターの過去の動画から、ハンターの足の速さはかなり速いことが分かります。

いろんなサイトで調べてみましたが、それぞれのハンターの足の速さに対する詳しいデータはありませんが、おそらく50メートル6秒から7秒台5秒台のハンターもいる可能性はあります。

 

今回逃走中に出演する子役は6歳から10歳の小学生です。

・白鳥玉季ちゃん(10歳)
・粟野咲莉ちゃん(10歳)
・市川右近くん(10歳)
・鈴木楽くん(7歳)
・まーちゃん(9歳)& おーちゃん(6歳)(Youtube HIMAWARIちゃんねるより)

 

小学生の50メートル走の平均タイムを調べてみたところ、男子は9.96秒女子は10.27秒です。

10歳の運動部所属の男子でさえ、50メートルの平均タイムは9.09秒なんですよね。

 

小学生とハンターとではあまりにも走るスピードに差があるので、見つかったら一発で捕まります。

逆にいうと、ハンターに見つかっても子役が逃げられている状態が続いていたらやらせと考えられますよね。

子役がハンターを振り切るのはかなり厳しいと思います。

 

カメラマンがついていない状態で子役だけで逃げ回っていたら、体が小さくて隠れやすいので逃げ切れる可能性はあります。

しかし、カメラマンがついている状態では隠れることは難しく、見つかったらいくら走っても逃げきれません。

なので、逃走中の子役はやらせなのではないかと疑ってしまいます。



逃走中2020子役に対する視聴者の意見まとめ

最後に逃走中について、子役(キッズ)に対する意見をまとめてみました。

子役に対して否定的な意見は見受けられましたが、子役が参加することでどのように番組が展開していくか期待する声もありました。


 

SNSを調べてみたところ、やはり逃走中に子役が入ることでやらせ感が出てしまうと感じている方が多い印象を受けました。

現実的に考えて、子どもがハンターから逃げ切るのは難しいと思いますし、子役が逃げれば逃げるほどますますやらせなのではないかと疑ってしまいますよね。

 

やらせと思ってしまうと番組が面白くなくなってしまうので、やらせでないことを個人的には期待したいです!



まとめ

今回は「逃走中2020子役(キッズ)はやらせ?ハンターから逃げられるわけがない!」と題しまして、逃走中の子役のやらせ疑惑を検証してみましたが、いかがでしたでしょうか。

逃走中の逃走者にはカメラマンやスタッフがついて常に撮影をしていることから、ハンターに見つかりやすいという性質があります。

 

子役がカメラマンやスタッフと一緒にいて見つかりやすいこと、そしてハンターと子役の足の速さが段違いだと予想されることから、やらせでなければ子役はすぐに捕まると当記事では考えます。

みなさんはどのように思いますか?

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!