エンタメ

宇佐見りんの大学や高校はどこ?プロフィールや将来の夢を徹底調査!

宇佐見りんさんの「推し、燃ゆ」が第164回芥川賞に選ばれたと話題になっていますね!

SNSでは宇佐見りんさんの作品が話題になっていて、早くも「読んでみて!」とツイートしている人がたくさんいました。

 

宇佐見りんさんの本については知っている方も多いとは思いますが、宇佐見りんさんの大学や高校などの学歴やプライベートなことについては良く知らない人も多いと思います。

そこで今回は「宇佐見りんの大学や高校はどこ?プロフィールや将来の夢を徹底調査!」と題して、宇佐見りんさんの高校大学などの学歴やプロフィールをまとめていきます。

宇佐見りんの大学がどこなのか、高校がどこなのか、とても気になりますね!

 

素晴らしい作品で数々の賞をとっている宇佐見りんさんはどのような方なのでしょう?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

(以下、宇佐見りんさんの作品になります。)

宇佐見りんの大学や高校はどこ?

宇佐見りんさんの大学や高校がどこかを特定できるだけの情報はネット上にはなさそうでした。

なので、当記事では宇佐見りんさんの大学や高校がどこかを予想していきます

宇佐見りんの大学はどこ?慶應が有力候補か?

当記事では宇佐見りんさんの大学は慶應義塾大学(慶応大学)ではないかと予想しています。

その理由は、宇佐見りんさんの大学に関係する情報をネット上からかき集めると見えてきます。

【宇佐見りんの大学がどこかに関係する情報】
・神奈川県在住の大学2年生
・大学では国文学を専攻
・大学では演劇サークルと歌舞伎研究会に所属
・静岡県出身なので、おそらく神奈川県内の大学

 

宇佐見りんさんは静岡県出身なので、大学のために神奈川で下宿しているのではないかと想像します。

神奈川県で日本文学を専攻できる大学は10校あるようで、このどこかの大学に通っている可能性はあるのではないかと考えられます。

日本文学を専攻できる大学は以下の通りです。

日本文学を専攻できる大学

・早稲田大学
・鶴見大学
・日本映画大学
・東海大学
・神奈川大学
・相模女子大学
・慶應義塾大学
・フェリス女学院大学
・専修大学
・明治大学

 

上記8校の中で演劇サークルや歌舞伎研究会がある大学を調べてみましたが、慶應義塾大学(慶応大学)にはあることがわかりました。

歌舞伎研究会がある大学は多くはなさそうなので、芥川賞をとるほどの才能の持ち主であることから、名門慶應義塾大学(慶応大学)の2年生である可能性がありそうな気がしますね。

 

しかし、神奈川県在住であれば宇佐見りんさんは東京の大学に通うこともできます。

東京まで範囲を広げると早稲田大学や明治大学なども候補に入りますし、慶應と同じくらい優秀な学生が揃っている早稲田の可能性は高そうです。

 

個人的には神奈川在住で国文学を専攻できて歌舞伎研究会のある慶應義塾大学が宇佐見りんさんの大学の有力候補と思っています。




宇佐見りんの高校はどこ?慶應高校?

宇佐見りんさんの高校がどこかについてですが、宇佐見りんさんは静岡県出身なので静岡県内の高校に通っていた可能性が高いですね。

以下がネット上にあった宇佐見りんさんの高校に対するヒントになります。

【宇佐見りんの高校に関係する情報】
・中高一貫校
・卒業論文があった
・演劇部に所属していたが途中で辞めた

 

宇佐見りんさんは中高一貫校に通っていたとのことですが、静岡県内の中高一貫校は21校もあるようなので、宇佐見りんさんの高校を絞り込むことはかなり厳しいです・・・。

「卒業論文をやる高校」という情報もあまり役には立たず、宇佐見りんさんの高校を特定するには至りませんでした。

 

しかし、仮に宇佐見りんさんが幼い頃に神奈川に引っ越し、神奈川の中高一貫校に通っていたとしたら、慶應義塾高等学校(慶応高校)に通っていた可能性も考えられます。

宇佐見りんさんが中学から慶應に通っていたとしたら、めちゃくちゃ高学歴ですね!!

でも、慶應義塾大学に通っていた可能性を考えると、慶應義塾高校を卒業してそのままエスカレートで大学に進学した可能性はかなりあるような気がしています。

 

今後、大学や高校等の情報が発表され次第、こちらの記事に追記させていただきますので、楽しみにしておいてください!




宇佐美りんプロフィールや将来の夢を徹底調査!

宇佐見りんのプロフィールは以下の通りです。

名前 宇佐見りん(うさみ・りん)
生年月日 1999年生まれ
年齢 21歳
出身 静岡県
好きな作家 中上健次
著書 かか』、『推し、燃ゆ
SNS Twitter

宇佐見りんさんが文学を好きになったきっかけは高校の現代文の授業にあったようです。

現代文の授業では小説の一部分を抜粋していますが、宇佐見りんさんの授業を担当していた先生は丸一冊扱って授業をしてくれたようです。

 

宇佐見りんさんが文学に興味を持ったきっかけは学校の先生で、宇佐見りんさんは徹底的に小説を読み込んでいたようですよ!

そして、宇佐見りんさんは高校生のときに小説を書こうと決めたようです。

 

宇佐見りんさんは一昨年『かか』で文藝賞を受賞し、大学1年生で作家デビューを果たしました。

宇佐見りんさんはその翌年に三島由紀夫賞を史上最年少で受賞しました。

 

デビュー作でこれだけの賞を受賞できるなんて、とんでもない逸材ですよね!

推し、燃ゆ』は2作目での芥川賞受賞になりますが、「推し」を失う心理を見事に描写しているようです。

これは、読むしかないですね!!!

宇佐見りんの将来の夢は?

宇佐見りんさんは現在現役大学生ですが、宇佐見りんさんは将来的に専業の小説家になるかどうかはまだ決めていないようです。

宇佐見りんさんは「小説と生活は両輪」と考えていて、宇佐見りんさんは生活を回すことで小説になっていると考えているようです。

デビュー作『かか』は文藝賞、三島由紀夫賞をW受賞して脚光を浴びた。書いた作品が出版される環境に変わっても小説と自分との関係は変わらず、書くことを楽しんでいる。将来は専業の小説家に?

「就活はまだしてないんです。小説と生活は両輪だと考えています。生活を回していくことで小説になって、バランスをとっているような気がするので、今はいろいろな経験をしたいと思っています」  若さと才能がみなぎる、新しい「推し」小説の誕生だ。

引用元:Yahooニュース

 

宇佐見りんさんはまだ21歳なのに、考え方が深くてすごいなと思いました!!

きっと宇佐見りんさんは上手に生活のバランスをとりながら、またみんなを驚かせるような作品を作ってくれるのではないかと思います。

 

宇佐見りんさんの今後の活躍に大いに期待していきたいですね!




まとめ

今回は「宇佐見りんの大学や高校はどこ?プロフィールや将来の夢を徹底調査!」と題しまして、宇佐見りんさんの大学や高校などの学歴やプロフィールについての情報をまとめました。

宇佐見りんさんは神奈川県在住とのことですが、大学や高校などの学歴を特定するには至りませんでした。

当記事では大学を予想してみましたが、特定するにはもう少し情報が必要です。

 

宇佐見りんさんは大学2年生という若さで芥川賞を受賞していますが、大学では国文学を専攻し、高校では現代文の授業がきっかけで文学に興味を持ったようです。

高校生の時にはすでに小説を書く力があったのではないかと考えられますね。

宇佐見りんさんの今後の活躍に期待していきたいです!!

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!