イベント

双子座流星群2020福岡で見える場所やピークの時間は?方角についても!

2020年の双子座流星群の時期がきました!

双子座流星群は8月のペルセウス座流星群や1月のしぶんぎ座流星群と並んで三大流星群の1つであり、条件が整って運がよければ何十もの流れ星を見ることができます!

多くの人がふたご座流星群を楽しみに、観測スポットを探して眺めたり写真を撮ったりしています。

 

そこで今回は「双子座流星群2020福岡で見える場所やピークの時間は?方角についても!」と題しまして、福岡県で双子座流星群が観測できる場所や穴場、ピークの時間について調べたことをまとめてみました!

当記事を参考にして双子座流星群を楽しんでいただけたらと思います!

 

今回まとめた内容はこちら!

・双子座流星群2020福岡で見える場所(穴場)は?
・双子座流星群2020福岡を見れるピークの時間は?
・双子座流星群2020福岡で見える方角は?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

双子座流星群2020福岡で見える場所(穴場)は?

双子座流星群が福岡で見える場所や穴場はいくつかありますので、ここに紹介させていただきます!

今回紹介する穴場スポットは以下の5つになります!

ふたご座流星群が見えるオススメの場所・穴場

油山片江展望台
皿倉山
星のふるさと公園・星の文化館
道の駅吉野ヶ里
米ノ山展望台

順番にこれらの観測スポットを順に見ていきましょう!

【見える場所1】油山片江展望台

油山片江展望台は福岡市で最も有名な夜景のスポットです。

油山片江展望台は標高597メートルの山から福岡市をパノラマで見ることができますよ!

なので、星も夜景も見える場所なのでとってもオススメ!

 

無料駐車場もあるので、手軽にふたご座流星群を見たい方にはいい場所だと思います!

【見える場所2】皿倉山

皿倉山は標高622mの山で北九州のシンボル的存在です。

「100億ドルの夜景」と呼ばれるくらい夜景が綺麗な場所で有名なのですが、星空も綺麗なのでオススメですよ!

皿倉山の山頂にはケーブルカーとスロープカーを乗り継いでいくのですが、双子座流星群ではない日でも楽しめそうな場所ですね!

 

皿倉山に関しては金曜・土曜・日曜・祝日は18時以降は山頂に向かう道路が車両通行止めになるので、山麓からケーブルカーを利用するのがオススメです!

【見える場所3】星のふるさと公園・星の文化館

星のふるさと公園内にある星の文化館はプラネタリウムや望遠鏡が設置されている場所で天体観測にとてもオススメです!

星のふるさと公園には宿泊施設もあるので、時間に囚われずにゆっくりと双子座流星群を見たい人にとってはとてもいい場所ですね!

 

宿泊料金も非常にリーズナブルで、大人1人7700円で宿泊可能なのですが、Go To キャンペーンで5005円まで値下げされています!

星の文化館の宿泊料金や予約はここから確認してください!

今のところ、ふたご座流星群が見える時期にも宿泊することはできそうですよ!

【見える場所4】道の駅吉野ヶ里

道の駅吉野ヶ里は福岡と佐賀の県境にある道の駅で、駐車場があって展望台や地産品売り場もあるので天体観測にとてもオススメです!

18時に売店が閉まるので、双子座流星群を観測する時間帯には売店等は閉まっていますが、早めに行けば地元の食材を使った食品を楽しめますよ!

 

展望台からは耳納連山、雲仙普賢岳、佐賀平野を一望でき、空を眺めれば双子座流星群を見ることはできると思います!

【見える場所5】米ノ山展望台

米ノ山展望台は皿倉山と同じように夜景を楽しめる場所としてとても有名な場所です!

米ノ山展望台は標高593.7mのところにあり、博多湾から福岡市までの夜景を視界を遮られることなく眺めることができます。

 

もちろん、双子座流星群を見る場所としてもオススメなので、ぜひ検討してみてください!




双子座流星群2020福岡を見れるピークの時間は?

双子座流星群2020を福岡で見ることができるピークの時間は2020年12月13日(日)の23時頃〜12月14日の明け方のようですよ!

ただし、双子座流星群は12月5日から12月20日まで見れるようなので、ピーク時が難しければピーク時の前後に観測しに行ってもいいかもしれません!

 

たとえば、12月12日や12月14日、12月15日でも雲が少なければ双子座流星群は見ることができるはずです!

お仕事やご家族の都合に合わせてふたご座流星群を見る予定を入れてみてくださいね!

 

2020年の双子座流星群は月明かりもあまりなく、条件がよければ1時間に50〜60回も流れ星を観測できるそうです!

ぜひ、この機会にふたご座流星群を楽しんでください!



双子座流星群2020福岡で見える方角は?

双子座流星群が見える決まった方角はなく、空全体を眺めるのがいいようです!

双子座流星群は放射状に出現するので、いろんな方向に流れ星を見ることができます。

 

当たり前かもしれませんが、あえて言うならばなるべく街明かりのない暗い方角を向いて眺めた方が良いと思います。

ぜひ、暗い空を眺められるような場所に行って空全体を眺めてみてください!

 

一人でも多くの方が双子座流星群を見ることができることを祈っています!



まとめ

今回は「双子座流星群2020福岡で見える場所やピークの時間は?方角についても!」と題しまして、福岡で双子座流星群が見える場所やピーク時間、方角をまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

双子座流星群は12月13日から14日にかけてがピークになりますが、ピーク時の前後の日にちに行っても見ることは可能です!

ぜひ、当記事で紹介した5つの穴場に行って双子座流星群を見ましょう!

当日天気が良ければ、運が良ければ100個近い流れ星を見ることができるかもしれませんよ!

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!