イベント

ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える時間や方角は?観測スポットも!

ふたご座流星群の時期がやってきましたね!

ふたご座流星群は年間三大流星群のひとつで、運が良ければ何百もの流れ星を見ることができることで有名です。

 

毎年ふたご座流星群を見ようと楽しみにしている方は多いのではないでしょうか?

当記事では「ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える時間や方角は?観測スポットも!」と題しまして、愛知県(名古屋)に場所を絞って調べたことをまとめてみました。

 

ふたご座流星群は見ると感動するので、ぜひこの機会に見にいくことをオススメします!

 

今回まとめた内容はこちら!

・ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える時間は?
・ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える方角は?
・ふたご座流星群2020愛知(名古屋)の観測スポットは?

 

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える時間は?

ふたご座流星群が愛知(名古屋)で見える時間は12月13日(日)の23時頃〜12月14日の明け方にかけてが一番よさそうです!

実はふたご座流星群が見えるピークの時間は日本では昼間の時間帯なのですが、昼間だと明るすぎて見えにくいですよね。

 

愛知県(名古屋)では以下の時間に空を見上げるとふたご座流星群が見えるようです。

【ふたご座流星群がよく見える時間】
2020年12月13日(日)の23時頃〜12月14日の明け方
(12月14日の明け方(4:00頃)がよく見えるようです!)

ふたご座流星群自体は12月5日から12月20日頃まで観測することが可能です!

 

12月13日の夜から14日の明け方の予定が悪かったとしても、その前後であればふたご座流星群を観測することはできるようですよ!

運がよければ、1時間あたりに40個から60個の流れ星を見ることができて、本当に多いときには100個近くの流れ星を見ることができるようです。

 

今回のふたご座流星群は月明かりがないので、とても好条件で見ることができますよ!

12月13日は日曜日ですので、寝る前にふたご座流星群のことを思い出して空を眺めてみてくださいね!



ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える方角は?

ふたご座流星群を愛知県(名古屋)の見える方角は街灯などの明かりがない方向がベストです。

調べてみたところ、ふたご座流星群は夜空の1点から放射状に出現するため、空全体を眺めるのがいいそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Amatou(@amatou_0429)がシェアした投稿

ふたご座流星群に関しては、特に方角を気にすることなく空を満遍なく見ればいいとのことですので、なるべく暗い方向をじーっと眺めてみてください!

できれば、明かりの少ない場所に移動して見てみるといいと思います。

 

きっとたくさんの星を見ることができると思いますよ!



ふたご座流星群2020愛知(名古屋)の観測スポットは?

ふたご座流星群を愛知県(名古屋)で見たいときのための、おすすめ観測スポットをまとめてみました!

愛知県で特にオススメなのは奥三河です。

 

名古屋市内にお住まいの方には奥三河は少し遠いかもしれませんが、空が暗い方が流れ星は見えやすいです。

名古屋市はどうしても明かりがあるので、奥三河まで足を運んでみてもいいかもしれません!

 

おすすめ観測スポットは名古屋市の公園を含めて8つありますので、参考にしてもらえたら嬉しいです!

【おすすめ観測スポット①】道の駅 つくで手作り村(新城市)

東名高速新城ICから30分くらいかかりますが、道の駅 つくで手作り村は駐車場が24時間オープンしていて、自販機やトイレもあるのでとてもオススメです。

名古屋市のように街灯がないので、雲さえなければふたご座流星群をみることができると思います。

 

つくで手作り村は車中泊することもできるので、車で移動を考えている人にオススメの観測スポットになります!

【おすすめ観測スポット②】面ノ木園地 天狗棚(北設楽郡)

東名高速新城ICから1時間半くらいかかりますが、天狗棚や面ノ木峠周辺は駐車場がありますし、展望台などが設置されていて天体観測にはかなり向いています。

展望台からは南アルプスが見ることができるので、星空もきれいに見れること間違いなし!

 

ここは標高1240mとかなり高い場所にあるので、防寒対策は絶対に必要ですが、愛知県で天体観測するのであればかなりオススメできる場所です。

【おすすめ観測スポット③】道の駅 つぐ高原グリーンパーク(北設楽郡)

道の駅 つぐ高原グリーンパークは宿泊することができる観測スポットとして有名です。

標高900mの場所で、土曜日の宿泊客に関しては無料で星の説明会を開いているようなので、天体観測にはオススメです!

 

条件さえ整えば天の川が見えることでも有名な場所なので、ふたご座流星群もよく見えると思いますよ!

【おすすめ観測スポット④】平和公園(名古屋市)

愛知県名古屋市千種区にある「平和公園」はアクセスもよく、無料駐車場が230台分あり、トイレも使用できるのでオススメです!

個人的に毎年多くの方が平和公園でふたご座流星群を見ているのを目撃しています!

 

かなり広い公園なので、静かにふたご座流星群を眺めることができると思いますよ!

 

平和公園は宿泊料金等かからないので、無料でお手軽にふたご座流星群を楽しみたい方々におすすめの観測スポットになります!

【おすすめ観測スポット⑤】茶臼山高原(北設楽郡)

茶臼山高原は天体観測ができる場所としてかなり有名です。

標高1415mの山になるので、街明かりがなく、しっかりとふたご座流星群を見ることができるのでオススメです。

 

ただし、名古屋市から2時間10分ドライブしないと茶臼山にはたどり着くことができないので、平和公園と比べるとアクセスはあまり良くはありません。

また、駐車場については9:00〜18:00までしか開いていないため、常に解放されている第4駐車場を利用する必要があります。

 

真冬の茶臼山高原は雪が降っていたり、道路が凍結している可能性があるのでチェーンやスタッドレスタイヤにしておく必要があります。

とても寒いので、防寒をしっかりしてふたご座流星群を見てくださいね!

【おすすめ観測スポット⑥】スターフォレスト御園(東栄町)

スターフォレスト御園は標高650mの高地にあり、宿泊して天体観測をすることができます。

ふたご座流星群を愛知県でじっくりと見るには完璧な場所かもしれません。

 

スターフォレスト御園の宿泊情報は以下の通りです。

本館の部屋かバンガローを借りることができるようです!

【部屋】本館和室(定員6名3室)・洋室(定員8名1室)
→ 料金:大人3,210円 子ども(小中学生)2,140円

【バンガロー】1棟(定員6名10棟)
→ 料金:1棟 12,820円

【食事】 朝食620円 昼食620円 夕食1,020円

 

スターフォレスト御園は名古屋から車で2時間くらいの場所にあります。

市街地から離れた場所にあるので、ふたご座流星群を見るには最高の場所と思います!

【おすすめ観測スポット⑦】朝日高原元気村(豊田市)

朝日高原元気村も天体観測ができる場所として有名です。

こちらも宿泊施設になるので、しっかりとふたご座流星群を見たい方におすすめの観測スポットになります。

 

朝日高原元気村は名古屋から車で約1時間でいくことができますし、市街地から離れているのでふたご座流星群が綺麗に見えると思います。

朝日高原元気村ではバンガローやテント、ロッジなどに泊まることができます。

 

テントやバンガローなら3000円から宿泊することができますが、この時期はとても寒いので、ロッジがオススメです。

ロッジは15000円から宿泊可能なので、興味のある方は朝日高原元気村公式サイトを確認してみてくださいね!

 

【おすすめ観測スポット⑧】伊良湖恋路ヶ浜(田原市)

伊良湖恋路ヶ浜は愛知県ではデートスポットとして有名な場所です。

恋路ケ浜は「日本の百選」4つに選ばれていて、観光場所としても人気があります。

 

名古屋からは車で約2時間かかりますが、市街地から離れているので夜はかなり暗くなります。

海の波の音を聞きながらの天体観測はすごくロマンチックですね!

 

山ではなく、海が好きな人には良いと思いますが、風があると思うので防寒はしっかりしないと寒いと思います!

ふたご座流星群の観測に伊良湖岬も検討してみてはいかがでしょうか?





まとめ

今回は「ふたご座流星群2020愛知(名古屋)で見える時間や方角は?観測スポットも!」と題しまして、愛知県(名古屋)に場所を絞って調べたことをまとめてみました。

ふたご座流星群は愛知県(名古屋)では12月13日〜14日が最も見えやすいようで、方角に関しては空を全体的に眺めていれば見えるようです。

 

愛知県(名古屋)でふたご座流星群を見るためのおすすめ観測スポットを5つ紹介しましたので、ぜひ検討してみてください!

今回は月の明かりの影響を受けにくい日にふたご座流星群が最も見られるようなので、この機会に天体観測を楽しみましょう!

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!