眞子様・小室圭

小室佳代の元婚約者の音声記録の内容は?小室圭に反撃した目的も!

小室圭さんの母・小室佳代さんの元婚約者が小室圭さんの発表した文章に対して反論したことで話題になっていますね。

SNSでは「小室佳代さんの元婚約者怪しい」などの声が上がっていて、何が目的でどうして録音まで出して反論をしたのかが気になります。

 

そこで今回は「小室佳代の元婚約者の音声記録の内容は?小室圭に反撃した目的も!」と題して、小室佳代さんの元婚約者の音声記録の内容や公表した目的について情報をまとめました!

 

今回の目次はこちら!

・小室佳代の元婚約者の音声記録の内容は?
・小室佳代の元婚約者の音声記録の目的は?
・元婚約者についてネットの反応まとめ

それでは早速本題にいってみましょう!

小室佳代の元婚約者の音声記録の内容は?

小室佳代さんの元婚約者が返金を求めた際の音声の内容はどのようなものだったのでしょうか?

週刊文春が音声記録を独自に入手し、元婚約者が渡していたお金の返金を求めた際の音声があったということで、2021年4月14日にその内容が報じられました。

2012年9月に小室さん母子とX氏が面会した時の音声記録。圭さんが金銭にまつわるやり取りになった際に、とっさに録音したものだという。説明文書にはその音声記録からの抜粋として、「返してもらうつもりはなかったんだ」とのX氏の文言が記されている。

だが、その翌年、X氏が小室さん母子に対して明確に返金を求める発言をしていたことが、「週刊文春」が独自に入手した音声記録から分かった。この音声記録は、前述の2012年9月の音声から11カ月後の2013年8月に録音された。小室さん母子がX氏のもとを訪れ、金銭トラブルについて話しあった時のものだ。

引用元:週刊文春オンライン

2013年8月の音声記録は以下から確認することができます。

 

会話の内容は以下の通りです。

X氏 それで、返す意図はないと。

圭さん あ、すいません。返すというか、もともと贈与を受けているという風に認識しておりますので。

佳代さん 婚約中のことなので。

X氏 僕も相談する人がいて、相談したんですけども、婚約中といえども別々に世帯を持っていたわけなので、お金が動けば貸し借りが生じると。

圭さん あの、私たち……。

X氏 たとえば僕が最初から、このお金は全部使っていいですよと。もう入学金の一部から全部含めてですよ。もう最初から差し上げます、と言った覚えは、僕は一言もない。ただ婚約している間だから、ここから動いたお金は贈与、というのは成り立たないと思うんです。

引用元:文春オンライン

 

これだけの発言では返金を求めたとは言いにくいような気がしますが、「差し上げますと言った覚えはない」「お金が動けば貸し借りが生じる」「贈与は成り立たない」などと発言しており、贈与ではなかった意図はきちんと示されています。

 

この会話は、2013年8月より前に元婚約者が小室佳代さん宛てに400万円の返済を求める書面を送付したものの小室家側から返答がなく、その後2013年8月に小室親子がその手紙を持って元婚約者の元を訪れた際に交わされたそうです。

 

少し話が複雑になっているのでこれまでの経緯をまとめると、以下の通りとなります。

  1. 2012年9月、小室さん母子と元婚約者が面会した(婚約解消の話)
    元婚約者は「返してもらうつもりはなかった」と発言?(音声記録未公開)
    →2021年4月8日、小室圭さんが文書で内容を公開
  2. 2013年8月に元婚約者が小室親子に返金を求めた
    →2021年4月14日に週刊文春が内容を報じる(音声記録公開)

小室圭さんは2012年9月の時点の音声を根拠にしており、元婚約者は2013年8月に返金を求めた際の音声を根拠にしています。

小室圭さんは「返金は求められていなかった」と理解しており、元婚約者は「返金を求めた」と認識が食い違っています。

しかし、小室圭さんの言い分の根拠となる音声記録は公開されていないため、元婚約者が「返金を求めていなかった」と発言したのかについては明確なことはわかりません。

「言った」「言わない」の論争になっていることも考えられ、話し合いが平行線になってしまっているようにも思えます。

 

今回の問題は、小室圭さんと元婚約者の言い分が異なっている点や、28枚の文書の公表後すぐに「解決金を支払う」と方針転換をした点などが問題視され、大きな議論になっていると思われます。




小室佳代の元婚約者の音声記録の目的は?

2013年8月の音声記録の目的は明らかにされていませんが、元婚約者の言い分や認識を伝えるためだったのではないかと予想します。

2013年8月の音声記録は誰がリークしたのかは明らかにされていませんが、元婚約者側とする情報も見られました。

もしそうであれば、小室圭さんと元婚約者どちらも音声記録があったことになります。

また元婚約者の音声記録は、小室圭さんの文書の内容を打ち消すような形になっています。

ですので、今回音声記録が週刊誌を通して公開されたのは、小室圭さんの言い分や認識と異なっている”元婚約者側の言い分や認識を公にするため”だったのではないかと予想します。

ネットでは、正当化するためではないかという意見も見られました。

また今後も続報が出てくる可能性もありますので、引き続き注視していきたいと思います。




ネットの反応まとめ

小室佳代さんの元婚約者の音声記録が公表されたことについて、ネットでは大きな話題になっています。

小室圭さんが解決金を支払うと言ったのは音声記録が出たからではないか?という声や、録音していたこと自体に疑問を感じる声も多くあがっていました。

また元婚約者側を問題視する声が見られた一方で、小室親子側を問題視する声も見られました。

また小室圭さんは眞子様との音声データをも持っているのではないかと推測する声もあり、脅しに使われることを心配する人もいるようでした。

賛否両論に分かれているようですね。

真相はまだわからないことも多いですが、今後どのような動きになっていくのか引き続き見守っていきたいと思います。




まとめ

今回は「小室佳代の元婚約者の音声記録の内容は?小室圭に反撃した目的も!」と題して、小室佳代さんの元婚約者の音声記録の内容や公表した目的について情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

小室佳代さんの元婚約者の音声記録の内容は、返金を求めるものでした。

しかし小室圭さんの文書ではそれを否定する内容が書かれていたため、小室佳代さんの元婚約者は自身の意見や認識を伝えるために音声記録を公表したのではないかと予想しました。

これはあくまでも予想となり、現時点では明らかなことはわかってはいません。

今後の動向や情報を引き続き追っていきたいと思います。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

当ブログでは小室圭さんや眞子さまに関する情報をまとめページでまとめています。

興味ある方は以下のボタンからチェックしてみてください。

小室圭・眞子様まとめページへ!