眞子様・小室圭

【画像】小室佳代の元婚約者へのメールの内容は?物質とは?金銭催促も

小室圭さんと眞子様のご結婚問題で409万円が大きな争点となっていますが、借金なのか贈与なのか、双方の意見が分かれている模様です。

小室佳代さんが元婚約者へ送ったメールがあるとのことですが、どんな内容なのでしょうか?

金銭を催促したとの噂もありますが、そうなると贈与でなく借金になりますが、真相はどうなのでしょうか!

またメールの中で「物質」という言葉が出てくるようですが、この内容も気になります。

 

今回は「【画像】小室佳代の元婚約者へのメールの内容は?物質とは?金銭催促も」と題して、小室佳代さんが元婚約者へ宛てたメールの内容や、メールの中で触れられていた「物質」とは何か、金銭催促していたかについて情報をまとめました。

今回の目次はこちら!

・【画像】小室佳代の元婚約者へのメールの内容は?
・小室佳代の元婚約者へのメールの物質とは?
・小室佳代は元婚約者に金銭を催促していた?

それでは早速本題にいってみましょう!

【画像】小室佳代の元婚約者へのメールの内容は?

小室佳代さんが元婚約者へ送ったメールの内容は、こちらです。

内容をこちらに記載します。注目すべきポイントは太字にしました。

Re:物質

了解です。物質の配達時間は夜(一番遅い時間)の指定で良いですか?

あと、申し訳ありませんが当分の生活費をお借りしても良いでしょうか。こちらに来るのも半信半疑でしたので、通帳類(カード含)置いてきてしまいました。

今日と明日は二人の友人も会社があり(友人たちは構わないと言ってくれていますがあまり)迷惑をかけれませんので、博多付近のビジネスホテルに泊まろうかと思います。

金曜日以降のことはまだ決めていませんが、今週一杯滞在する時は週末は再び友人宅に泊まろうかとも考えています。

Re:Re:物質

無事に到着されてよかったです。今日も一日呉々も気をつけてお過ごしくださいね。

振込はみずほで結構(みずほのカードしか持っていない)です。

とりあえず10万円程お願いできますか。

いつも助けて頂くばかりで感謝ですm(_ _)m

会社が長期休みに踏み切ったら、すぐさま福岡にいらして下さいネ!

心配で心配で昨夜も2時過ぎまで寝付けませんでした。

3通目はこちらです。

私は主人の年金を受け取っている間は内縁の関係にはなれません(中略)ですので私達の事実婚はなるべくどなたにも知られたくないのです。万が一どなたかが役所に告発すると最悪の事態になりかねません。

またこちらのメールもネット上に公開されていました。

内容は以下の通りです。

今日父に私たちのプランニングを説明しました。

*お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事

*その他預金や財産に関してもお互いのものとして見なす事

パピーの生命保険の受取人を私にしてくださる事

先ずは以上を実践する=事実婚をします。

そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する。

昭和一桁に近い父の世代はなかなか理解し難い内容では・・・と思っていましたが、パピーが私へご配慮くださるお気持ちに父はとても安心した様で『お互いに労わり合いながら頑張りなさい』と応援してくれました。

クルージングパーティー調べて頂きありがとうございます。50万円とは・・大金ですね。

友人達へのお披露目に使うか、私たちonlyのアニバーサリーに使うか悩むところですが・・ふたりでフランスでひっそりあげるのもいいかもです。

Jenny

追伸

8月のデート代ですが、大体で結構ですので各お店の金額を教えて頂けますか?私たちの行くお店と予算をよく友人に聞かれるのです。

かなり濃い内容となっていて、消化するのに時間がかかってしまいそうです。

1通目は、この時は東日本大震災が起こった後のことだったようです。小室さん親子は友人のいる福岡に避難していたそうです。カード類を家に置き忘れたため、元婚約者にお金を貸してほしいとの催促だったようです。

2通目は、1通目へのメールに元婚約者が送った返信に対する返信のようです。お金を渡すことに承諾したと思われる元婚約者に、口座情報を教えている内容です。福岡にはしばらくいたようです。

3通目は、元婚約者と内縁の関係になれない理由として遺族年金を受け取っているからと言っており、周囲に自分たちの関係を知られたくないとのことです。

小室佳代さんは、旦那さんが亡くなったことで遺族年金をもらって生活していたようですが、一方で元婚約者と生計を同一にした関係となっていたようです。その矛盾が見つかるのは避けたかったようですね。

 

また4通目は元婚約者との関係性や事実婚、入籍の予定について小室佳代さんが自分の父親に説明した時の内容のようです。

「元婚約者の生命保険の受取人を私(小室佳代さん)にしてくださる事」という内容は元婚約者との話し合いで決着したことであればいいのですが、どうしても気になってしまいます…

 

全体的に、小室佳代さんは元婚約者とは敬語で話されていたようで、丁寧なやりとりをしているように見えます。しかしその中に垣間見える表現がかなりストレートで、驚いてしまいました。

  • 当分の生活費をお借りしてもよろしいでしょうか。
  • とりあえず10万円程お願いできますか。
  • 元婚約者の生命保険の受取人を私(小室佳代さん)にしてくださる事

当時は婚約者という間柄だったとしても、小室佳代さんはかなり婚約者に経済的な面で頼っていたのかなと思われます。

経済的に苦しいのであれば生活を切り詰めることも考えそうですが、50万円のクルージングを企画したり、フランス旅行を企画したりなど、生活は派手な方だったのではないかと推測していまいました。

また色んな情報が詰まったメールですが、1通目の「物質」という言葉も引っかかりますよね…次に詳しく見て行きたいと思いこの物質ます!




小室佳代の元婚約者へのメールの物質とは?

小室佳代さんから元婚約者のメールの中で、前述の1通目のメールの件名と文章に「物質」という言葉が出てきますが、この「物質」とは何のことだったのでしょうか?

この「物質」は隠語であると考えられます。またこの物質の真相は明らかにされていないため、現時点では何だったのかはわかりません。

ですので、少し予想してみました。

まずメールには「物質の配達時間は夜(一番遅い時間)の指定で良いですか?」とあり、この「物質」を元婚約者に配達したことがわかります。そのため、九州から戻った時に渡せばいいものではなく、少し急いで渡したかったものである可能性が考えられます。

この時点では小室佳代さんは福岡にいたので、手渡しで渡せない状況にあったと思われます。

次に、隠語にしなくてはいけないもので、公表できないものだったのではないかと思われます。

そうなると怪しいものを想像してしまうのが人間の性質ですね・・・。実際はどうなのでしょうか。

色々と想像はしてしまいますが、この「物質」は実際何を意味するのか絞り切ることができませんでした。2人の間で通じる言葉だったのではないかと思われます。

 

またメールでは、元婚約者の無事を心配する文面もあり「心配で心配で昨夜も2時過ぎまで寝付けませんでした」「無事に到着されてよかったです」「くれぐれも気を付けて」とも書いています。この時は東日本大震災の直後ですので、関東圏内も大きな地震や余震に見舞われたため、地震の影響を心配していたのだと思われます。

よって、物質を渡すことや物質絡みで心配していたのではなさそうです。

ますますこの物質が何だったのか気になってしまいます・・・




小室佳代は元婚約者に金銭を催促していた?

前述のメールを読む限りでは、小室佳代さんは元婚約者に金銭を催促していたと捉えることができるのではないかと思われます

これらのメールが週刊誌でも報じられていますが、週刊誌にもこのように書かれています。

絵文字も多用したメールで、「お借りしても良いでしょうか」という表現がある以上、贈与ではなく借金の申し出と解釈できるA氏の主張を裏付ける重大な証拠だ。

引用元:週刊現代

「借りたい」と申し出ているのは小室佳代さん側ということになりますので、贈与ではなく貸借であり、借金となりますよね。

 

しかし小室圭さんが4月8日に公表した「小室文書」とも呼ばれる28枚もの文書では、「返してもらうつもりはなかった」と元婚約者が話していたとし、贈与と捉えていると話していました。

しかしそれから一転、4日後には「解決金を支払う」と方向転換。

その背景には、世間の反応や元婚約者の代理人が週刊誌の記者である点のほか、小室佳代さんのメールも影響があったのではという声があるようです。

小室佳代さんのメールが明らかになれば、「小室文書」の正当性が覆ってしまうと考えたのではないかと思われています。

「文書は小室さんの〝勝負手〟でしたが、世間の反応は芳しくなく、逆風は収まらなかった。文書の矛盾点も次々と指摘され、旗色は悪くなっていた」

さらにA氏の代理人が週刊誌のライターであることも大きい。

文書公表を受け、近日中に一部週刊誌でA氏の反論が準備されていたそうです。小室さんの母・佳代さんのメールも残っており、それが出れば〝小室文書〟の正当性が覆る可能性があった。そうなる前に小室サイドが動いたのでしょう」(同)

引用元:Yahoo! news

これについての真偽の程は確かではありませんが、今後もさらに情報が明らかになって来るかと思いますので、続報を待ちたいと思います。

 

小室佳代さんのメールを見る限りでは、小室佳代さんが元婚約者にお金を借りたいと申し出ているのは明らかであると思われました。




まとめ

今回は「【画像】小室佳代の元婚約者へのメールの内容は?物質とは?金銭催促も」と題して、小室佳代さんが元婚約者へ宛てたメールの内容や、メールの中で触れられていた「物質」とは何か、金銭催促していたかについて情報をまとめましたが、いかがでしたでしょうか!

小室佳代さんが元婚約者へ宛てたメールには、お金を借りたいという内容が書かれていたことがわかりました。

またメールの中にあった「物質」という隠語が何を指すかはわかりませんでしたが、2人の間で使われていた言葉だったのではないかと思われます。

また小室佳代さんが元婚約者に金銭を催促していたかについえては、メールを見る限りではしていたと思われました。

小室圭さん側は「小室文書」で贈与であると主張していましたが、一転解決金を支払うことになりましたので、このメールの影響も少なからずあったのではないかという声も見られました。

今回はここまでとさせていただきます。

当ブログでは小室圭さんや眞子さまに関する情報をまとめページでまとめています。

興味ある方は以下のボタンからチェックしてみてください。

小室圭・眞子様まとめページへ!