音楽

レコード大賞2020の視聴率は?感想・評判や見逃し配信・無料動画も!

12月30日の17:30〜22:00に、「第62回輝く!日本レコード大賞」が放送されました!

 

毎年その年に活躍した豪華なアーティストが出演する年末の人気音楽番組です。

今年は嵐が「特別栄誉賞」を受賞するなど、注目のアーティストが多数出演したことから視聴率が気になりますよね。

 

そこで、今回の第62回レコード大賞の視聴率はどれくらいだったのか見た人の感想や評判について、また今回の見逃し動画があるかどうか気になったので、まとめてみました!

 

当記事でまとめた内容はこちら!

・レコード大賞2020の視聴率は?
・レコード大賞2020の感想や評判は?
・レコード大賞2020の見逃し動画は?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

レコード大賞2020の視聴率は?

レコード大賞2020の視聴率は、第2部(19:00-)で16.1%でした!(関東地区・世帯視聴率)

第1部(17:30-)の視聴率も12.3%をマークするなど、全体的に高視聴率をマークする結果となりました。

 

過去はどうだったのでしょうか?過去の視聴率を見ていきましょう。

過去のレコード大賞の視聴率は?

過去のレコード大賞の視聴率をまとめると以下の表のようになります!

放送日  平均視聴率(関東地区)
2019年 2019/12/30 14.0%
2018年 2018/12/30 16.7%
2017年 2017/12/30 14.4%
2016年  2016/12/30 14.5% 

 

昨年のレコード大賞の最高視聴率は14.0%をマークしていました。

 

2016年以降の毎年視聴率は14%程度となっており、黄金期に比べて停滞しているのは事実であるものの、人気番組であることがわかります。

 

2006年以降、開催日を紅白と重なる大晦日から12/30に変更したことで、視聴率が分散されているのでしょうね。

 

2020年はさらに大幅に視聴率がアップしました。

今回は、アニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌でLiSAが歌う「炎」がレコード大賞を初受賞したことが注目されましたが、鬼滅の刃ファン層をひきつけたと思われます。またステイホームの影響により、家でテレビを見ていた人が多くいたのではないかとも思われます。




レコード大賞2020の感想や評判は?

レコード大賞2020について、SNSではたくさんの感想やコメントがアップされています!

やはり嵐ファンからは今回の受賞と出演に嬉しいと楽しみにしている声が多く見られました。

また今回大賞を受賞したLiSAへのコメントも多くアップされていました。

他にも、「感動した」「良かった」「泣いた」などの声が多くアップされていたようでした。




レコード大賞2020の見逃し動画は?

レコード大賞2020をうっかり見逃してしまった場合、見逃し動画を見ることは難しいと思われます。

レコード大賞は、過去に再放送や見逃し配信をしたことがないため、生放送を観るか、録画をしておくかの2択となるかと思われます。

何か情報が更新されましたら、こちらでも紹介させていただきますね。





レコード大賞2020の概要

■番組名:第62回輝く!日本レコード大賞

■放送日時:2020年12月30日(水)17:30~22:00

■放送局:TBS系列

■司会:安住紳一郎、吉岡里帆

■出演者:

  • 優秀作品賞(三浦大知、純烈、Little Glee Monster、瑛人、乃木坂46、DISH//、AKB48、氷川きよし、DA PUMP、LiSA)
  • 新人賞(真田ナオキ、Novelbright、豆柴の大群、Rin音)
  • 特別賞(Uru、鬼滅の刃、NiziU、松田聖子、米津玄師)
  • 特別国際音楽賞(BTS)
  • 特別栄誉賞(嵐)                     他



まとめ

今回は「レコード大賞2020の視聴率は?感想・評判や見逃し配信・無料動画も!」と題しまして、レコード大賞2020の視聴率や感想や評判について調べたことをまとめてみました。

いかがでしたでしょうか?

 

今年のレコード大賞2020の視聴率は、「16.1%」となりました。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!