速報

Clubhouseは本名でないとダメ?本名以外で登録は?身バレを防ぐには?

Clubhouseを利用する人が急激に増えていますが、本名で登録したくない人も多くいるようです。

「Clubhouseは本名でないとダメ?」「本名以外で登録できる?」「身バレを防ぐためにはどうしたらいい?」など気になりますよね。

 

そこで今回は「Clubhouseは本名でないとダメ?本名以外で登録は?身バレを防ぐには?」と題して、Clubhouseの利用は本名でないとダメなのか、本名以外で登録は可能か、身バレを防ぐ方法についてまとめました。

 

早速本題にいってみましょう!

Clubhouseは本名でないとダメ?

Clubhouseの規約を読むと、「実名」の使用が義務付けられているため、実名でないといけません

You must use a real name and identity on the service.

引用元:Community Guidelines(Updated Jan 6, 2021)

意味:本サービスでは実名を使用し本人の身分を使用し(本人である)なくてはならない。

しかし芸名や通称を使っている芸能人や著名人は、本名以外に別名(creator aliasとして)を追加できるそうです。

 




Clubhouseに本名以外で登録できる?

Clubhouseでは本名を使用することが原則ですが、実際本名以外で登録している人もいるようです

 

そのようなユーザーに対してのペナルティは見られませんが、ルールで定められているのは自分の実名、本名を使うことです。

 

ですので、Clubhouseでは本名/実名を使うことが求められています。

もし実名を使いたくないという場合は、Clubhouseに参加すべきではないと思われます。




Clubhouseで身バレを防ぐには?

結論として、Clubhouseで”100%完璧に”身バレを防ぐのは難しいと考えられます。

なぜなら、Clubhouse自体が「実名」で利用することを原則としており、匿名性を避ける方向で作られているからです。

 

また電話番号を認証に使いますし、電話帳を同期する機能もあり自分か相手の電話帳に登録されていると繋がってしまいます。

 

しかし、なるべく身バレの程度を抑える方法はあると思います。

以下にそのいくつかの方法をあげてみたいと思います。

【身バレを防ぐ方法①】電話帳を同期しない(アクセス許可をオフ)

連絡先へのアクセス拒否をすることで、電話帳に入っている人とつながることを避けることができます。

 

初期設定時に以下の画面で「電話帳を同期するか?」聞かれたら、「Don’t Allow」(許可しない)をタップします。

意味:「あなたの連絡先にアクセスし、すでにClubhouseを始めている人を探してもよいですか?」

これで、自分電話帳に入っている連絡先へアクセスすることができなくなります。

しかし、他の人の電話帳に自分の連絡先が入っている場合は、「●●さんがClubhouseを始めましたよ」と相手に通知がいってしまいます。

【身バレを防ぐ方法②】メインの電話番号を使わない

次の方法は、通常メインで使っている電話番号を認証に使わないということです。

究極的には誰も知らない電話番号を使用することです。

誰にも教えていない電話番号を使用すれば、ほとんど身バレの可能性はないと言えると思います。

 

複数台携帯電話を持っている場合は、このような対応ができるかと思いますが、現実的には難しいのではないかと思われます。

 

ここまでしてもどうしてもClubhouseで身バレしたくない!という人は試してみてもよいかもしれませんね。

【身バレを防ぐ方法③】SNSを連携しない

身バレを防ぐ方法3つ目は、TwitterやInstagramなどのSNSとClubhouseを連携しないでおくことです。

もしくは連携してしまった場合は、連携を解除します。

 

SNSとClubhouseを連携すると、SNSのフォロワーなどと繋がることになるため、より多くの人に知られることになります。

また匿名でSNSを利用している場合は、Clubhouseでの実名と紐づけられることになるので、注意ですね。

 

TwitterやInstagramの連携を解除する方法については、以下をご参照ください。

【身バレを防ぐ方法④】特定されにくいプロフィールにする

身バレを防ぐ方法4つ目は、プロフィール欄のプロフィールを自分と特定されにくい情報にするということです。

「もしかしたら●●さん?」と思われたとしても、プロフィールで本人と特定できる情報が数多く書かれていたら、身バレする可能性はあがります。

 

ですので、プロフィールは書かないか、もしくは特定できるような情報は書かない程度にしておく方がいいと思われます。

 

これらの方法をすべてとったとしても、何らかの形で身バレしてしまう可能性は否定できません。

本来Clubhouseは実名で利用する匿名性のないアプリです。

身バレすると困る人や、身バレを恐れている人は、Clubhouseの利用を止めておいた方がいいかもしれません。

 

Clubhouseを利用する際は、身バレは覚悟の上で利用するのがいいかもしれませんね。

今回の情報は、2021年2月2日現在の情報です。今後仕様変更などに伴い情報が変更となる可能性がありますので、ご注意ください。




まとめ

今回は「Clubhouseは本名でないとダメ?本名以外で登録は?身バレを防ぐには?」と題し、Clubhouseの利用は本名でないとダメなのか、本名以外で登録は可能か、身バレを防ぐ方法についてまとめました。

いかがでしたでしょうか!

 

Clubhouseの利用は、実名での利用が原則のため、実名でないといけません。

また実際本名以外での登録をしている人もいますが、望ましくはありませんね。

また現時点では100%身バレを防ぐことは難しそうですが、身バレを抑える方法は以下の4つが考えられます。

  1. 電話帳を同期しない(アクセス許可をオフ)
  2. メインの電話番号を使わない
  3. SNSを連携しない
  4. 特定されにくいプロフィールにする

 

Clubhouseは本名で楽しむアプリですので、身バレを覚悟の上で利用されるのがいいかもしれませんね。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Clubhouseの使い方や操作方法、気になる話題について、以下のページにまとめています!ぜひ参考にしてみてください!

Clubhouseまとめページはこちら!