速報

Clubhouseはミュートボタンない?ミュートの仕方/やり方を徹底解説!

音声SNSで今話題になっているClubhouse。

聞く専門で使う人も多いようですが「ミュートボタンがない!」「ちゃんとミュートされているの?」と不安に感じる人も多いようです。

楽しく安心してClubhouseを利用するためにも、ミュート機能を使えるようになっておきたいですよね!

そこでこの記事では「Clubhouseはミュートボタンない?ミュートの仕方/やり方を徹底解説!」と題して、Clubhouseを使用する際のミュートの方法について解説します。

早速本題にいってみましょう!

Clubhouseはミュートボタンない?

結論から言うと、Clubhouseでミュートボタンは「スピーカー」や「モデレーター(主催者)」など話す権限がある形でルームに参加した場合のみ、表示されるようです。

 

よって、基本的にはオーディエンスでの参加の場合には、ミュートボタンは表示されません

オーディエンス(観客)で参加する場合は、すでに「ミュート状態」となっています

 

以下のような「マイクボタン」が「ミュートボタン」となるので、これがなければミュート状態と考えて大丈夫です。


※画像はモデレーターの場合

・ルームによって設定が異なる場合もありますのでご注意ください。
・またモデレーター(主催者)がミュートのON/OFF(マイクON/OFF)を切り替えることもあります。その場合はモデレーターの操作に依存しますのでご了承ください。

 

オーディエンスで参加して、「ミュートボタンがない!」「ミュートになっているの?」と焦ってしまう人も多いかもしれませんね。

ですが、基本的には「オーディエンスはミュート状態」です。

スピーカーやモデレーターの場合にのみミュートボタンが表示されますので、その場合にのみマイクON/OFFを切り替えることができます。

聞く専門の方は、安心してルーム内の会話を楽しんでくださいね。

次にミュートの仕方・やり方について解説していきます。




Clubhouseでのミュートの仕方/やり方は?

Clubhouseでミュート(マイクOFF)にする方法は、画面右下の「マイクボタン」をタップします。

↑画面右下「マイクボタン」

 

マイクボタンに赤い斜線が入っている状態が「ミュート状態」となります。

またミュートを解除(マイクON)にする場合は、もう一度「マイクボタン」をタップします。

赤い斜線が解除されていれば、「ミュート解除状態」となります。

 

マイクボタンをタップすることで、ミュートのON/OFFが切り替えられますので、覚えておいてくださいね。

 

スピーカーやモデレーターになった場合、自分はあまり発言をしない場合にはエチケットとしてミュートを使ってみるとよいでしょう。

 

またミュート機能の他の使い方として、ミュートのON/OFFを「拍手」として使うこともあるようです。

ルームの終了時にミュートボタンを連続的にON/OFFすることで「パチパチ」と拍手のように見せることもできます。ぜひ一度使ってみてくださいね!




まとめ

「Clubhouseはミュートボタンない?ミュートの仕方/やり方を徹底解説!」と題して、Clubhouseを使用する際のミュートの方法を解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

 

Clubhouseでのミュートボタンは「スピーカー」や「モデレーター(主催者)」など話す権限がある形でルームに参加した場合のみ、表示されます

ですので、オーディエンス(観客)はすでにミュート状態となっているので、ミュートボタンはありません

 

ミュートの方法は、ルーム画面右下のマイクボタンをタップするだけです。

ミュートを解除する場合は、もう一度マイクボタンをタップします。

これで安全に他の人の会話を遮ることなく、ルーム内の会話を楽しめますよ!

皆さんの参考になれば幸いです!

 

またClubhouseについての操作方法や気になる情報を、こちらにまとめています!ぜひ参考にしてください。

Clubhouseまとめページはこちら!