遠藤維大(橋本維大)の出身大学や高校はどこ?経歴や顔画像も!

速報
スポンサーリンク

橋本琴絵さんが「産後うつは甘え」というツイートをして炎上していますね。

SNSでは、橋本琴絵さんのツイートは本人が書いているのではなく、実は夫の遠藤維大(橋本維大)さんが書いているのではないかと話題になっています。

 

これはあくまでも噂であって事実かどうかは確認のしようがありません。

しかし「遠藤維大ってどんな人?」「遠藤維大の大学や高校・経歴はどんな感じ?」といったことは気になりますよね。

 

今回は「遠藤維大(橋本維大)の出身大学や高校はどこ?経歴や顔画像まとめ」と題しまして、橋本琴絵の夫である遠藤維大さんについて調べたことをまとめてみました。

 

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

スポンサーリンク

遠藤維大(橋本維大)の出身大学や高校はどこ?


上記のツイートをしたのは遠藤維大さんなのではないかと話題になっていますが、遠藤維大さんとはどういう方なのでしょうか?

残念ながら、遠藤維大さんに関する確かな情報はほとんどネット上にはなく、SNSの情報しかありませんでした。

 

遠藤維大さんの出身大学や高校などの情報についても調べてみましたが、遠藤維大さんの学歴に関係する情報はネット上にはなさそうです。

おそらく、公開されていない情報なのだと思います。

 

Facebookでは遠藤維大と同姓同名のアカウントがあって、学歴のところに「日本大学」とありましたが、アップされている写真を見ている限りでは別人だと思いました。

それに遠藤維大さんはどうやらネット上では遠藤ではなく「橋本維大」という名前を使用しているようなので日本大学という情報は信憑性がないですね。

 

遠藤維大さんの大学や高校などの情報については情報を見つけ次第ここに追記させていただきますね。

ここからは完全な予想になるのですが、遠藤維大さんの奥さんである橋本琴絵さんの出身大学が「九州大学」なのですが、もしかすると遠藤維大さんも九州大学かもしれないし、それに匹敵する大学かもしれません。

 

現に、遠藤維大さんは過去にNHK「真剣10代しゃべり場」という番組に出演した経験があり、「自傷行為リスカ」と日教組という文書を執筆しています。

2000年代以降の例で言うと、例えば当時予備校生で、NHKの「真剣10代しゃべり場」で保守系の主張をしていた遠藤維大が、『正論』2001年9月号に「自傷行為「リスカ」と日教組」という文章を寄稿。その内容は、若い世代の精神状況の原因は日教組に代表される戦後教育である、というものでした。

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49465?page=3

こういった教育に関係する発言ができてNHKに取り上げられるほどの実力を持っているのであれば、それなりの教育を受けていると考えられますよね。



遠藤維大(橋本維大)のこれまでの経歴は?

遠藤維大さんの経歴についても、確かな情報はネット上にはなく、かなり謎の多い方だということが調べていると分かります。

SNSでは遠藤維大さんは2010年代半ばに「日本のこころ」の中山成彬氏の秘書をしていたという情報がありました。

 

現在、中山成彬氏は政治家で希望の党に所属しています。

 

 

そして、どうやら中山成彬氏の秘書をする前は右翼系NPOを作っていた活動家であったという情報もありました。

 

遠藤維大さんの経歴に関してはこれ以上の情報を見つけることはできませんでした。

SNSしかなく、その情報源がわからなかったために確かな情報とは言えないです。

 

遠藤維大さんについて調べれば調べるほど謎が深まります。



遠藤維大(橋本維大)の顔画像は?

SNSで遠藤維大さんの顔画像を調べると、以下の画像が出てきました。

 

 

Twitterで出回っている遠藤維大さんの写真はこれです。

橋本琴絵さんのツイートを遠藤維大さんがしていたとしたら、ちょっと怖いですが、ネット上ではかなりこの件で炎上しています。

 

果たして本当に遠藤維大さんが奥さんのアカウントでツイートしているのでしょうか。

その真相に関しては本人にしか分かりません・・・。



まとめ

今回は「遠藤維大(橋本維大)の出身大学や高校はどこ?経歴や顔画像も!」と題しまして、遠藤維大さんについて現在ある情報をまとめてみました。

残念ながら、ほとんど有益な情報を得ることができませんでした。

 

おそらく現段階では確かな情報はネット上にはないと思われます。

SNSでは炎上が続いていますが、実際は誰がツイートしたのか、真相を知りたいですよね。

ここでも新しい情報を入手次第更新していきたいと思います。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました