速報

豊田剛一郎の家族構成は?父母・兄弟や祖父についてや顔画像も!

小川彩佳さんとの結婚の傍ら、A子さんとの不倫をしていたことが明らかになった豊田剛一郎さん

豊田剛一郎さん自身もさながら、豊田剛一郎さんの家族が超ハイスペックだということはご存知でしょうか?

今回は「豊田剛一郎の家族構成は?父母・兄弟や祖父についてや顔画像も!」と題し、豊田剛一郎さんの家族構成や、父母両親、兄弟や祖父について、調べた内容をまとめました!

今回の目次はこちら!

・豊田剛一郎の家族構成は?
・豊田剛一郎の父母・両親について!顔画像も!
・豊田剛一郎の兄弟・姉について
・豊田剛一郎の祖父について

早速本題にいってみましょう!

 

豊田剛一郎の家族構成は?

豊田剛一郎さんの家族構成を調べてみたところ、「父・母・姉2人」の5人家族ということがわかりました。

祖父母も含めた家族構成は、以下の通りです。

  • 父(豊田潤太郎)
  • 母(不明)
  • 姉2人
  • 祖父(宮崎淳臣)
  • 祖母(宮崎多美子)

豊田剛一郎の母親の名前は明らかにされていないため、一般の方と思われます。

また祖父母はすでに他界していますが、父方(豊田潤太郎)の祖父母となります。

豊田剛一郎さんの家族は、父・祖父・姉においても非常にハイスペックな超エリート家族のようです。

次にそれぞれの家族について詳しくみていきたいと思います。




豊田剛一郎の父母・両親について!顔画像も!

豊田剛一郎さんの両親は、父「豊田潤多郎さん」、母の名前は不明となります。

父の豊田潤多郎さんは、元衆議院議員で大蔵官僚でもあったエリート官僚です。

退官後は父(宮崎淳臣さん)が創設した医療法人淳宰晃会宮崎神経科嵯峨病院の副理事長に就任しました。

プロフィールは以下の通りです。

名前 豊田潤多郎(とよだ・じゅんたろう)
生年月日 1949年8月22日
出身地 京都府京都市
学歴 灘高等学校
東京大学法学部第2類
経歴 ■官界にて
1972年大蔵省入省
・大阪国税局関税部長
・沖縄開発庁振興局振興総務課長
・大蔵省大臣官房企画
1990年大蔵省退省■医療界にて
1990年、医療法人淳宰晃会宮崎神経科嵯峨病院の副理事長に就任■政界にて
・衆議院議員(2期)
・新進党京都府連合会会長
・自由党京都府総支部連合会会長
・衆議院財務金融委員会理事
・新党きづな国会対策委員長

地元の超難関校「灘高校」を卒業後、東大に入学しています。

現在、灘高校は偏差値「79」、東大法学部は偏差値「67.5」ですので、本当に超優秀だったと思われます。

そして東大卒業後は大蔵省に入省し、エリート官僚としての道を進みます。

その後退官後は、父の創設した宮崎神経科嵯峨病院の副理事長として就任しながら、選挙に出馬し数々の役をこなすなど、政界においても活躍しました。

とてつもないエリートですね!

詳細のプロフィールは、豊田潤多郎さんのHPに掲載されています。

また豊田潤多郎さんの顔画像はこちらです。

こちらは右から4人目の方が豊田潤多郎さんと思われます。

豊田剛一郎さんとも若干似ているような気がしますね。




豊田剛一郎の兄弟・姉について

豊田剛一郎さんの兄弟は姉が2人いるようですが、調べたところ特定に至るような情報を見つけることができませんでした

しかし、豊田剛一郎さんの祖父が創設した宮崎神経科嵯峨病院を調べてみると、現在は「嵯峨さくら病院」と改名されており、院長には「豊田 英真(とよだ・えま)」という名前が掲載されていました。

この方が豊田剛一郎さんのお姉さんの一人なのでしょうか?

院長の紹介として、このように掲載されています。

院長 豊田 英真 とよだ えま

東京大学医学部医学科卒業。
京都大学博士(医学)
東京大学医学部附属病院 精神神経科、東京都立松沢病院、NTT東日本関東病院 精神神経科、京都大学大学院医学研究科脳病態生理学講座(精神医学)博士課程等を経て、2017年より、嵯峨さくら病院 副院長。2020年4月より、嵯峨さくら病院 院長。
精神保健指定医、精神科専門医、日本医師会認定産業医。
日本精神神経学会、日本うつ病学会、会員。

[専門] 統合失調症、気分障害(うつ病、躁うつ病)、認知症

引用元:嵯峨さくら病院

宮崎神経科嵯峨病院は、祖父の宮崎淳臣さんが創設し、父の豊田潤多郎さんが現在理事長となっている、家族経営・継承している病院となります。

ですので、父の豊田潤多郎さんの後継として家族が引き継ぐ可能性は非常に高いのではないでしょうか。

また豊田英真さんは東大・京大大学院を卒業していますが、父は東大卒、祖父は京大卒と、家族に関係の深い大学を選んでいることから、近い親族であることも多いに考えられます。

また豊田英真さんの京大時代の記録を調べてみると、「村田英真」という名前が出てくるので、結婚後「村田姓」になり、仕事上は「豊田英真」で続けているのではないかとも考えられます。

あくまでも憶測の範囲となりますが、豊田英真さんは豊田剛一郎さんである可能性もあるかもしれません。

もしそうであれば、医者のお姉さんも含めて超エリート家族ということになりますね!




豊田剛一郎の祖父について

豊田剛一郎さんの祖父は、「宮崎淳臣さん」です。

宮崎淳臣さんは、陸軍軍人で医者をしていたそうです。後に宮崎神経科嵯峨病院を創設しました。

プロフィールは以下の通りです。(すでに他界されています)

名前 宮崎淳臣(みやざき・きよおみ)
生年月日 1915年4月27日
出身地 京都
学歴 京都帝国大学(現在の京都大学)医学部
経歴 ・陸軍軍医(731部隊・ハルピン石井部隊に所属)
・陸軍軍医学校付兼中山出張所長
・国立東京第一病院病理試験室勤務
・千葉県血清製造所所長代理兼主任技術者※最終階級は「陸軍軍医少佐」

陸軍の軍医として中尉から少佐まで勤め、陸軍軍医学校の所長などもしていたようです。

京大医学部を卒業していて、頭脳明晰だったと思われます。

また1958年に宮崎神経科嵯峨病院を創設し、地元の精神医療に取り組んできたようです。

現在は「嵯峨さくら病院」と改名し、息子の豊田潤多郎さんが理事長となっています。




まとめ

今回は「豊田剛一郎の家族構成は?父母・兄弟や祖父についてや顔画像も!」と題して、豊田剛一郎さんの家族構成や、父母・兄弟や祖父について調べた内容をまとめましたが、いかがでしたでしょうか。

豊田剛一郎さんの家族構成は、「父・母・姉2人」の5人家族ということがわかりました。

父の豊田潤多郎さんは、元衆議院議員・大蔵官僚で、退官後は祖父が創設した現「嵯峨さくら病院」の理事長をしています。

また母や姉についての情報については、特定に至る情報を見つけることができませんでしたが、「嵯峨さくら病院」の現院長が「豊田英真さん」とあり、豊田剛一郎さんのお姉さんの一人である可能性が考えられました。

また豊田剛一郎さんの祖父は宮崎淳臣さんで、陸軍軍人で医者をしていたそうです。

祖父は医者、父はエリート官僚の元衆議院議員というエリート家庭であることがわかりました。

豊田剛一郎さん自身もかなりのエリートですが、今回の不倫騒動によって色々なものを失ってしまったのは大変残念としか言いようがないですね。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!