速報

ヤマダ電機の珪藻土バスマットも回収に!対象商品は?返品・返金方法も

珪藻土(けいそうど)バスマットなどの商品がアスベストを含んでいるということで話題になっていますが、12月26日にヤマダ電機で販売していた商品も回収対象となることが発表されました。

 

ヤマダ電機は珪藻土バスマットを自主回収するとのことですが、せっかく購入したものなので返金や返品方法が気になりますよね。

 

そこで今回は「ヤマダ電機の珪藻土バスマットも回収に!対象商品は?返品・返金方法も」と題しまして、ヤマダ電機の珪藻土バスマットの回収対象の商品や、返金・返品についての情報をまとめてみました。

 

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

ヤマダ電機の珪藻土バスマットの回収対象商品は?

ヤマダ電機の回収対象となった珪藻土バスマットは、2020年7月以降販売販売している計8つの商品となることが発表されています。

  1. 無地グレー KバスマットLGY38463 縦 400 ㎜×横 550 ㎜×厚さ9㎜
  2. 無地グレー KバスマットMGY38469 縦 350 ㎜×横 450 ㎜×厚さ9㎜
  3. 大理石柄 KバスマットSDI38465 縦 290 ㎜×横 390 ㎜×厚さ9㎜
  4. 大理石柄 KバスマットMDI38470 縦 350 ㎜×横 450 ㎜×厚さ9㎜
  5. 大理石柄 KバスマットLDI38467 縦 400 ㎜×横 550 ㎜×厚さ9㎜
  6. ボタニカル柄 KバスマットSBO38466 縦 290 ㎜×横 390 ㎜×厚さ9㎜
  7. ボタニカル柄 KバスマットLBO38468 縦 400 ㎜×横 550 ㎜×厚さ9㎜
  8. ボタニカル柄 KバスマットMBO38471 縦 350 ㎜×横 450 ㎜×厚さ9㎜

引用元:ヤマダ電機ホールディングス「珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ」

 

画像は、以下から確認できます。発表内容から抜粋した画像を以下に張り付けておきます。

出典:ヤマダ電機ホールディングス「珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ」
 

今回回収が発表された計8商品以外の商品については、アスベスト含有の問題はなく安心して使用できるとのことです。

発表の内容は次の通りでした。

このたび、弊社で販売しております珪藻土マットの一部(8 商品)から法令の基準値を超えたアスベストが検出されたことが判明いたしました
ご心配とご迷惑をお掛けして大変申し訳ございません。

当初、仕入先からの問題がない旨の回答を受け、お問合せ頂いたお客様に対しても、その旨お伝えしておりましたが、仕入先から、以下の 8 商品について法令の基準値を超えるアスベストを含有するとの結果がでた旨、訂正の報告がございましたので、今回のリリースとなりました。その他の対象商品以外の珪藻土を用いた商品については、全て安心してご使用いただける旨確認しております。

対象商品をご購入されたお客様で、お電話番号を弊社にご登録いただいているお客様
には、個別に順次弊社コールセンターからお電話させていただきます。

引用元:ヤマダ電機ホールディングス「珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ」

 

回収対象になるかについて当初の発表から変更があり一転したようですが、今回の発表が正式な発表となったようです。

 

また、対象となる商品を購入していて、電話番号をヤマダ電機に登録している場合は、コールセンターから電話がかかってくるそうです!

 

今回年末の発表となったので、うっかりニュースを見逃していた方も、電話で気が付いた方もいるかもしれませんね。

 

次は、回収方法や返品・返金方法について見ていきたいと思います。




ヤマダ電機の珪藻土バスマットの返金・返品方法は?

返金・返品方法について

ヤマダ電機の珪藻土バスマットの返金や返品方法については、公式ホームページの発表では「回収収時に返金する」ことになっています。

対象商品につきましては、回収の上、ご返金いたしますので、お手数をお掛けいたし
ますが、何卒ご協力をお願いいたします。

※なお、弊社からお電話でクレジットカードの番号や暗証番号をお伺いすることは絶
対にいたしませんのでご注意下さい。

引用元:ヤマダ電機ホールディングス「珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ」

 

商品の回収と引き換えに、購入した代金分を返金してもらう形となりますね。

代わりに新しい珪藻土バスマットを購入したい場合は、アスベスト含有の心配のない、ソイル(soil)などの「日本産」の珪藻土バスマットを購入することをオススメします。

回収方法について

ヤマダ電機の珪藻土バスマットの回収方法について、直接店舗へ持ち込むか、難しい場合は問合せてほしいと案内されています

【回収方法について】
①直接店舗にお持ちいただけるお客様
大変お手数をお掛けして恐縮ですが、対象商品をビニール袋に 2 重に入れ、テープ等で封をしていただき、全国のお近くのヤマダデンキ各店舗(LABI 店舗を含む)にお持込下さい

②店舗へのお持込が難しいお客様
お客様の状況に応じてご対応を相談させていただきます。お手数をお掛けいたしま
すが、下記お問合せ窓口にお電話またはメールでお問い合わせ下さい。

【お問合せ窓口】
本件についてのお問い合わせは、以下の電話番号またはメールで受け付けております。
お客様相談窓口
電話番号 0570-078-181
受付時間 午前9時から午後6時まで(元日のみ休業)
※お問い合わせが集中した場合、つながりにくくなる可能性がございます。予めご容赦
下さい。
メールでのお問合せ:以下からお問合せ下さい。
ymd@tecc.co.jp

引用元:ヤマダ電機ホールディングス「珪藻土商品のお詫びと自主回収のお知らせ」

 

直接店舗へ持ち込める方は、以下の方法でビニル袋に包んだ後、店舗へ持ち込みましょう。

どうしても持ち込めない方は、以下「お客様相談室」に問い合わせてください。

ヤマダ電機お客様相談室
  • 電話番号:0570-078-181
  • メールアドレス:ymd@tecc.co.jp

回収時までの商品の保管方法について

ヤマダ電機の珪藻土バスマットを持っている場合は、すぐに使用をやめてゴミ箱には廃棄せずにビニール袋を2重にしてテープで封をし、店舗へ持ち込んで欲しいとのことです。

 

ゴミ箱にそのまま入れてゴミ回収者で商品を割ったりするとアスベストが飛散して、その周辺にいる人たちの健康が危ぶまれます。

・商品を使っている人はすぐに使用をやめること!
・商品を2重のビニール袋に入れて、テープで封をすること!
・ゴミとして捨てずに、ヤマダ電機店舗へ直接持ち込むこと!

 

アスベストを含んだ商品ではありますが、飛散したアスベストを吸わなければ大丈夫だと思われます。

2重ビニール袋にしっかり入れて、店舗へ持っていくまでは、人が触れないところに保管しておけば安心です。

返金・返品の条件について

ヤマダ電機の珪藻土バスマットの返金・返品対応の条件等について、現時点ではヤマダ電機からは詳しく発表されていません。しかしアスベストを含む対象商品はレシートがなくても対応してもらいたいところです。

 

レシートをなくしても、ヤマダ電機の会員であることがわかるものや、アプリ、メンバーズカードがあれば購入履歴が残っているので返品できそうですね。

 

今回はヤマダ電機が自主回収をするとのことなので、たとえレシートがなくても返品や交換・返金してもらいたいところです。

詳細が発表されましたら、こちらでも更新していきたいと思います。

 

不明点や相談などは、「お客様相談室」に電話をして確認されるといいかもしれません。

ヤマダ電機お客様相談室
  • 電話番号:0570-078-181
  • メールアドレス:ymd@tecc.co.jp



まとめ

今回は「ヤマダ電機の珪藻土バスマットも回収に!対象商品は?返品・返金方法も」と題しまして、ヤマダ電機の珪藻土バスマットの回収や返金・返品方法についてまとめてみました。

 

ヤマダ電機の珪藻土バスマットは回収対象が計8商品となり、対象かどうかは公式HPから確認できます。

 

また返金は商品の回収とあわせて行われ、対象となる珪藻土バスマットを持っている方は、ビニル袋に包んでテープで封をし、ヤマダ電機店舗へ持ち込むよう案内されています。もし直接持ち込むのが難しいという場合は、お客様相談室に問い合わせをしてほしいそうです

 

対象となる商品を購入した人で、電話番号が登録されている場合は、コールセンターから電話がかかってくるようですが、不明点などあれば、お客様相談室へ問い合わせされるといいかと思われます。

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!