あさのんのプロフィール

sky
はじめまして、あさのんです。

「あさのん」は今の職場で教え子たちがつけてくれた僕のあだ名です。

2020年1月まで社会人大学院生(臨床心理学専攻)をしていました。なんとか修了することができ、これからどうやって人生を歩んでいこうか、自分らしい人生を模索しています。

心理学、キックボクシング、ジャズ、コーヒーが大好きです。

過去の経歴

小学3年生から高校1年生までアメリカ生活 → 愛知県の高校に編入 → 情報系の大学で主に認知心理学を学ぶ → 大学在学中に「聞き屋」というボランティア活動をする → 大学卒業後は会社員になる → 1年で脱サラして教師に → 教師5年目にうつ病を発症。丸2年の休職 → 職場に復帰して再び教師に

臨床心理学に興味を持った理由

ずっと生きづらさを感じていました。上手く言葉で表現できないけれど、いつも何かに怯え、不安を感じていました。

  • 「僕は何のために生まれてきたんだろう?」
  • 「人生の目的って何なの?」
  • 「何で僕はこんなにいつも不安で自信がないの?」

こういった疑問を常に持っていました。

この疑問の答えを探すために友達に話を聞いてもらい、受け止めてもらい、心が楽になる体験をしました。人の話を聞くことは日本にニーズがあると感じて友人と「聞き屋」というひたすら人の話を聞くボランティア活動をしたことがあります。

そこで鬱傾向のある人、オーバードーズ(薬の過剰摂取)、パニックで過呼吸になっている人たちに出会い、たくさん話を聞いてきました。このときに本格的に心理学に興味を持ち始めました。

聞き屋をやっている時期にあるカウンセラーに出会い(今もお世話になっています)、その人からカウンセリングを受ける決意をしました。

カウンセリングを受けたいと思った理由は「誰かを愛するためにはまずは自分が愛される必要がある」と当時は思ったからです。

(今は理由は変わって、人のためではなく、自分の幸せのためにカウンセリングを受けています。)

当時は聞き屋で人の話しを聞いている中でどんどん自分の心がおかしくなっていくのを感じました。聞き屋に来る人の悩みが自分と重なっていて聞けなくなったり、聞き屋に来る人と上手に境界線を引けず、依存される関係になって精神的に疲れてしまいました。

これはまずは自分が愛される必要があるなぁと思い、聞き屋をやめて仕事をしながらカウンセリングを受ける決意をしました。

当時は悩みが多かったです。例えばこんな悩みを持っていました。

  • 自分に自信がない。
  • 人に嫌われるのが怖い。
  • 自分のやりたいことがわからない。
  • なかなかNOと言えない。
  • 女性とうまく付き合えない。

一番上の「自分に自信がない」が一番の悩みでした。
もし、同じような人がいたら言いたいです。大丈夫だよって。僕はよくなってきたよ。

心理学って人生うまくいっていない人が興味を持つとどこかで聞いたことがありますが、僕はまさにそれです。

僕の専門について

California School of Professional Psychologyというアメリカの大学院に進学し、臨床心理学を学びました。

この大学院は日本にサテライトキャンパスがあり、アメリカの心理学が学べる国内唯一の大学院でした。残念ながら現在は学生の募集を停止しています。マズローが教鞭をとっていたことのある、アメリカでは歴史のある臨床心理大学院です。

修士論文のテーマは「インターネットゲーム障害の予防介入について」です。依存症治療機関でトレーニングを受け、アルコール依存、薬物依存、ギャンブル依存、ゲーム依存の勉強を主にしてきました。僕自身が経験したうつ病、アタッチメントトラウマ、仮面ひきこもりについても勉強をしてきました。

将来的にはカウンセリングやワークショップをやっていけたらいいなと考えています。

このブログのコンセプトについて

コンセプトはまだ模索中です。書きながら考えていきます。

一生懸命自分を変えよう、自分を理解しようと求めている人に届けばいいなと思って書いています。基本的には僕が学んだこと、体験したこと、考えていることをアウトプットするためのブログにしています。心理学の知識をもとに、励ましのあるブログにしていきたいです。