鬱・対人恐怖を治すために必要なこと【失うことから始める】

depression

こんにちは、あさのんです。

僕は過去に2年間、うつ病で休職していたことがあります。
当時はカウンセリングを毎週受けて生きることに必死でした。
今回の記事がうつ病や対人恐怖で悩んでいる人にとって参考になれば嬉しいです。

僕がうつ病や対人恐怖の治療中に気づいたことがあります。
病気を根っこから治すためにやらないといけないことです。

「うつ病や対人恐怖を治すためには、まずは失うことから始めなければならない」

今回はこのことについて説明します。

うつ病・対人恐怖を治すために必要なこと

back_depression
僕は病院での診察とカウンセリングによる治療を受け続けました。
病院は主に抗うつ剤を処方してもらい、診断書や傷病手当を申請するための書類を書いてもらいました。
当時の僕は病院よりもカウンセリングを中心に治療をしていました。

うつ病は約半数が再発すると言われています。
うつを再発させないためには、今まで自分が作ってきたものを失うことが必要です。

失うことから始める

人はその気になれば、自分の気持ちをごまかして生きていくことはできると思います。
本当の気持ちを心の奥にしまって見ないようにしたり考えないようにした方が楽な生き方かもしれません。
僕はずっとそうやって生きてきました。

でも、自分に問いました・・・。
「果たしてその生き方は本当に幸せなのか」って。
苦しいけれど原因が分からず、一生懸命その苦しみを見ないようにポジティブに考えたり、現実逃避したり、何とか現状維持しようとする生き方。正直、こういう人生はつらいと思います。

うつ病や対人恐怖を治すなら根っこから治したいって思いました。
そのためには失うことから始める必要があると体験を通して実感しています。
今まで作り上げてきたものを捨てる覚悟が必要です。
それは地位や名誉だったり、プライドだったり、自分のパーソナリティやアイデンティティ、家族との関係性、職場や友達との関係性など多岐に渡ります。

それを一度捨てて、今の本当の自分の状態を受け入れることです。
真実を少しずつ知るところから治療は始まります。

僕の場合は以下のような真実に目を向けました。

  • 自分が孤独だという事実
  • 自分が死にたいと思っている事実
  • 対人恐怖があるという事実
  • 自分に人間としての価値はないと感じている事実
  • 家族に愛されてこなかった(家族が愛し方を知らなかった)
  • 自分の心が傷だらけだという真実

自分の孤独を埋めるために人に合わせて生きてきました。
自分に価値がないと思っていたので、人と関係が切れることに恐怖を感じていました。
そして、あまり自分の意見を言わないようにしてきました。
これは自分を守るために無意識にやっていたことです。

心の傷は一人では向き合えない

真実を知るのはとても怖いことです。
こういった真実は一人では受け止めきれません。
一人で向き合うと耐え切れなくなります。
僕が自殺せずに耐えることができたのは話を聞いてくれる人がいたからです。

だれかが一緒にを受け止めると、その心の傷が癒されます。
そして人とつながることを体験し、孤独から解放されます。

人とつながると自分に価値を見出すことができるようになり、
生きたいと思えるようになります。
これが真の回復だと思います。

僕はうつ病で休職したのは2010年。
職場に復帰したのが2012年。
復帰して8年になりますが、うつ病は再発していません。

カウンセリングは楽ではないです

臨床実習のときに心理士の先生が仰っていたことが今でも心に残っています。

カウンセリングとは、傷口を麻酔なしでゆっくり縫っていく作業です。

本当にその通りだと思います。

心の傷を見るのは苦しいです。
麻酔なしの状態でゆっくり縫うのと同じくらい、本当に痛いです。
できればやりたくないです。

でも、「痛いよね・・・わかるよ・・・辛かったね・・・」とそばに人がいてくれて、
一緒にその傷口を見て受け止めてくれる人がいると耐えられます。
そして傷口が縫い終わった後には本当のつながりを体験します。
ありのままの自分が愛される体験します。
そして一番つらいところを知っている人がいるというのは今後の人生において大きなリソースになります。
僕は今でも自分に問題を感じた時に迷わずにカウンセリングを受けるようにしています。
大事なリソースです。

うつ病の原因について

love
うつ病は死にたくなる気持ちと毎日戦い、自分を否定し続ける病です。
なぜこんな病気になってしまったのだろうか・・・。

僕はシンプルに「愛が足りなかったから」だと思っています。
もちろん他にもいろんな要因はあるとは思います。でもコアな部分は愛だと考えています。
愛を知らない人、愛を体験してこなかった人が精神的な病になると感じています。

愛って何?こういった質問を実習中に受けたことがあります。
僕は「愛はその人の主体性を尊重し、その人に何も求めないこと。ありのままを認めること。」だと思っています。
こういった経験が足りないと病気になります。

愛がすべてです。
今日も一人でも多くの人が愛に触れることができますように。