人間関係の悩みやストレスを減らす方法【自分の感情を感じてあげる】

psychology

人間関係に疲れた人「人間関係に疲れるし、ストレスです・・・。職場に不機嫌な人がいると気を使うし、よく意味のわからないことで急に怒られることもあるし、人に振り回されて疲れてしまいます・・・。もし人間関係のストレスを減らす方法があったら教えてください。」

こういった悩みにお答えします。

この記事の内容

  • 相手ではなく自分の心にベクトルを向けると徐々に楽になる
  • 相手の感情に振り回されないように相手を観察する
  • 自分と向き合い続けると心が安定する話

アドラー心理学では人の悩みは全て人間関係によるものだとしています。人との関係がストレス要因になるのは普通なことです。

僕も人の感情に振り回されてストレスを感じて生きてきましたが、今はだいぶ楽になりました。ストレスを感じたときに自分の心を感じてあげて、さらに相手を分析する癖がついているからです。

これができるようになると少しずつ人間関係が楽になります。

そういうわけで、今回は「人間関係による悩みやストレスの対処法」について深掘りしつつ解説していきます。

自分の心を感じてあげることでストレスを減らす

nap
自分の心を感じてあげる、自分の内側にベクトルを向けてあげることが大事です。

具体的には「あいつむかつく!ふざけるな!」と相手にベクトルを向けるのではなくて、「なぜ僕はストレスを感じているんだろう、なんで僕は怒っているんだろう」と自分に問うことです。

この「なんで?」と問うことがポイントです。

ストレスを感じる理由があります

嫌なことをされると誰でもストレスを感じます。でも、嫌なことをされて過剰に心が反応し、本来なら感じなくてもいいストレスを感じている可能性もあります。

自分の感情が抑えられないとき「なんで自分はこんなに心が揺れているんだろう」と考えてみましょう。大切なのは怒って終わり、泣いて終わりにしないことです。

「あ、今の自分は怒ってる!なんで怒っているんだろう。」と考えることです。最初は感情的になってしまうので冷静に考えるのは難しいかもしれませんが、やり続ければ徐々に慣れてきます。

自分の心に起こっていることを感じてあげて、そしてその原因を追求する作業をするといいです。この原因を深い部分まで見つめていくのがカウンセリングになります。

ストレスの原因を探る

ストレスを過度に感じる原因を探っていくと問題を解決できます

怒りの原因は過去のトラウマが原因かもしれないし、悲しみは今まで満たされてこなかった感情かもしれません。あるいは自分の心を守るために怒っているのかもしれません。

原因が分かると同じことをされても反応しなくなっていきます。反応しなければストレスも減り、人間関係が楽になります。

相手の感情に振り回されないように相手を観察しよう

observe
相手の感情をそのまま受け止めるのではなくて相手を観察すると冷静でいられます。

なんで怒っているんだろうとか、なんで泣いているんだろうと観察して自分なりに分析します。そうすることで相手の感情に流されたり相手のペースに合わせなくなります。

相手はあなたが悪いと主張するかもしれませんが、相手の感じ方や反応の仕方の問題かもしれないという視点は持った方がいいです。

自分と向き合い続けると心が安定する話

mindfulness
「なんで?」と自分に問う作業を習慣化すると自分の心が安定していきます。

これは日々実践して体験しているから僕には言えます。

しかし、一人で考えていてもなかなか答えは見つからないかもしれません。カウンセリングではそういう意味で効果があります。

僕の場合は相手を怒らせると焦ったり、恐怖を感じたりしていました。だからなるべく波風を立てないように目立たないように、迷惑をかけないようにして生きてきました。でもある時、波風立ててはいけないという感覚は母親との関係性からきていることに気づきました

人を怒らせることに恐怖を感じる理由は、人を怒らせたことで恐怖を体験し、トラウマになってしまったからでした。

人を怒らせても全然動じない人がいますが、この違いはトラウマの違いだと思いました。

トラウマの治療をすれば回復しますが、トラウマの治療は「なぜ?」と自分に問いかける作業でもあります。感情の原因がわかるとやがて同じことが起こっても反応しなくなってきます。

しかし、自分と向き合い続けることは辛いことでもあるので覚悟は必要です。覚悟は必要ですが、その後のストレスは激減すると思います。

【最後に】自分にベクトルを向けると人間関係が激変します

friends
自分にベクトルを向けるということは、自分を理解するということです。

自分を知るようになるとトラウマ反応から解放されて自由になれます。自由になると人間関係に気を使わなくなり、新しい関係性ができるようになります。

気を使わない関係性はストレスレスだし、悩むことも減り、生きやすくなります。

なので自分にベクトルを向け、自分の感情をちゃんと感じてあげることが大事だと思うのです。