怒りが爆発して人を傷つけてしまう理由【怒りは熟成される】

psychology

こんにちは、あさのんです。

世の中には怒りを抑えられずに爆発させてしまう人がいます。

爆発させている最中は自分の言いたいことが言えているので気持ちがスッキリする体験をするかもしれませんが、それで人を傷つけると後から罪悪感に苦しめられます。

怒りを感じない人はいません。
怒り自体は自然な感情です。

世の中にはアンガーマネジメントという心理療法があるくらいですから、怒りのコントロールに悩んでいる人はたくさんいます。

今回は怒りが爆発して人を傷つけてしまう理由について考えてみます。

怒りが爆発して人を傷つけてしまう理由

lion-angry
怒りは悪いものではありません。
しかしそれを表現する方法や対処法を身につけたり、自分をケアする必要があります。

怒りは二次感情です

最初怒りの感情を持っているわけではありません。怒りは悲しみや不安、不快感、疲労感などがあって、その次にくる感情です。

怒りのある人はちょっと振り返ってみてください。なぜ怒っているのか、その背後にはこういった感情がありませんか?

  • 恐怖
  • 不安
  • 虚しさ
  • 寂しさ
  • 悲しさ
  • 疲労感
  • 辛さ

これらは一つの例です。一次感情ですね。
こういった一次感情が最初にあって、それが怒りにつながっています。

重要なことなのですが、怒りは悪ではありません。
理由があって怒っているのだから。
怒った心理的な原因を探って、その原因を解決させていくしかありません。

たくさん我慢してきました

怒りが爆発してしまうのはたくさん我慢してきたからです。
言いたくても言えなかった。
関係性を維持するために、ずっと我慢してきたんです。

よくがんばりましたね・・・。
本当は誰も怒りたくないはずです。
怒りはたくさんエネルギーを使いますし、リスクがありますから。

でも怒らないと自分の気持ちが収まらないのです。
怒りにまで発展したのはたくさん我慢をしてきたからと理解できます。

怒りは熟成される

最初は小さな感情であったとしても、それは時間が経つと大きくなります。

怒りは熟成されます。

怒りが熟成され、八つ当たりに発展することもあります。
僕はそういうケースを臨床トレーニングを受けているときに見てきました。

怒りの根っこには多くの場合は悲しみや寂しさがあり、
本当は分かってもらいたい、だけどそれが叶わずに怒りを爆発させています。

そして熟成された怒りを人にぶつけて関係性を破壊します。

我慢するのではなく、その都度伝える努力をする

僕も我慢をする癖がありました。
相手にとって不都合なことを言うと、関係性が壊れるというトラウマがあります。

なので言いたいことがなかなか言えませんでした。

僕は本音は言わずに「もう限界だ!」と我慢できなくなるまで耐え続けました。
そして限界に達したときに一気に伝えたいことを伝えていました。

しかし、このやり方はよくないです。

言われた方の立場で考えると、その都度言われた方が行動を修正できるし、ずっとそうやって思っていたんだとショックを受けます

言いにくいことでもそれを感じた時に伝えた方がいいです。

我慢の背景にはトラウマや文化が関係している

我慢してしまう背景には文化とトラウマが関係しています。

本来なら我慢しなくていいのです。
実は我慢せずに本音で会話ができている人たちの方が信頼関係を構築できます。

我慢していると腹の中で何を思っているのか分かりません。
相手に気を使うようになります。

本音を言わずに我慢する理由は、本音を言うことで不利な立場になった経験を重ねてきたからです。

我慢、耐えることが美徳とされる文化的な背景もあります。

こういった認知を修正する治療を受けたり、本当の自分が受容される経験をすると自由になれるし、その人の個性が湧き出て生きやすくなります。

【最後に】怒ってもいいんです。でも怒りの表現の仕方を工夫しよう。

couple
怒りは自然な感情です。
怒ることで自分の意見を主張し、自分を守ることにもつながります。
怒りが正義に結びつくこともありますよね。

問題にされがちな怒りがあります。

ちょっとしたことで激昂したり、いつもイライラしていたり、あるいは攻撃的になって人を傷つけたりする行為が伴う怒りです。

健全な怒りはコントロールを失うことなく、適切に表現することができます。自分の意見を単に主張したり相手を言葉や暴力で傷つけるのではなくて、問題解決がゴールにあります。

また、健全な怒りは相手が理解し、適切に応じることができるように表現します

そしていつまでもその怒りにしがみつきません。

怒る前の一次感情で対処したり、その背後にあるトラウマの治療を受けるのも良い方法です。

なぜここまで怒るのか。

その背景を理解して自分をケアしてあげて欲しいです。

感情の大きさだけ言いたいことがあるということです。

言い方はアサーショントレーニングの勉強をすると良いです。
このブログでもそのうちアサーションについても書いていきたいと思っています。