ダメ男と付き合う女性の心理的な理由【心の欠けた部分を埋める】

psychology

こんにちは、あさのんです。 

突然ですがこういう悩みはありませんか?

  • いつもダメ男と付き合ってしまう。交際してもうまくいかない。
  • 結婚したけど幸せじゃない。いつも夫のことを愚痴ってしまう。
  • 夫が子どものように甘えてくるから愛せない。

こういう悩みを持つ女性は意外と多いと思います。
今回はダメ男をテーマに書いてみますね。

この記事の内容

  • ダメ男と付き合ってしまう心理的な理由
  • ダメ男がどうしてダメ男になるのかを理解する
  • 【解決法】自分と向き合うことで交際相手も変わってくる

ダメ男には子どものように甘えたり、自己中心的で束縛したり、浮気をしたりといろんなタイプがいます。

いろんなパターンがあるのでダメ男の定義は難しいですね。

僕は自分のことしか考えられず、相手の幸福を考えられない人のことをダメ男だと思っています。

人が付き合う相手はその人の自由だと思うので、ダメ男と付き合うことが悪いこととは思いません。しかし、本当の意味で幸せとは言えないです。

もしダメ男と付き合っていることを自覚していて悩んでいる人は参考にしてみてください。

この記事は僕がカウンセリングを受けた経験や心理学の学びをもとに自分の考えを書いています。

ダメ男と付き合ってしまう心理的な理由

woman-back
主に2つあると思っています。

  • 自分が価値のある女性だと思っていない。あるいは自信がない。
  • 満たされてこなかった感情(例えば父から得られなかった心理的なもの)を埋めようとしている

自分が価値のある女性だと思っていない

仮に自分に自信があって価値があると思っていたら「この人は私と釣り合わない」と感じて自分に相応しい相手を選ぶはずです。

相手を選べない理由は自分に自信がなくて相手を選ぶ権利がないと感じているからではないでしょうか。

よくあるパターンは「私がこの人の面倒みないといけない」というマインドを持つことで自分の価値を確認します

この人には私が必要だと思うことで価値を確認するのです。

満たされてこなかった感情を埋めようとしている

一生懸命尽くすことで彼氏・夫に愛されようとしていませんか?

それは本当に彼氏・夫に愛されたいのでしょうか。もしかしたら根っこは父親との関係にあるかもしれません。彼氏・夫に認めてもらうことで自分の心の欠けた部分を埋めようとしている可能性があります。

例えば、父親が子どもの時に構ってくれなかったり不在だったりすると

自分に価値がないと感じてしまう理由は愛されてこなかったからです。

無条件に愛される体験をしてくれば「私は愛される権利、大切にされる権利がある」と思えるようになります。

一生懸命尽くすことで彼氏・夫に愛されようとしていませんか?
本当にあなたを愛している相手はあなたが尽くさなくても愛してくれると思います。

ダメ男と付き合うと一方的にこっちが愛さないといけないですよね。そういう状況は対等な関係性ではないのでストレスになるはずです。

父や母に無条件で愛されてきたかどうかがポイントです。

ダメ男がどうしてダメ男になるのかを理解する

man
これも心の欠けた部分を埋めようとしているからと考えられます。

例えば彼氏・夫が彼女・妻に子どものように甘えているとします。

男性が子どものように甘える理由は実の母親に甘えることができなかったからだと考えられます。

本来なら子どものときに満たすべき感情が満たされてこなかったために交際相手を母親が代りにして甘えようとするのです。甘えることで欠けた部分を埋めようとしているのです。

これでは対等な関係にはなれません。このような相手と付き合っても僕は本当の意味では幸せになれないと思います。

【解決法】自分と向き合うことで交際相手も変わってくる

hand
ダメ男とばかり付き合ってしまう、ダメ男を引き寄せてしまうのは心理的な理由があります。

ダメ男と付き合うことがあなたにとって何らかのメリットになっているはずです。なぜダメ男と付き合うのかを問い、自分と向き合うことで解決ができます。

自分の人間関係や家庭環境を振り返り、自分が満たされてこなかった部分を埋める作業が必要です。

僕も過去に無意識に母親探しをしていた

僕も昔は交際女性に甘えていたダメ男だったと思います。交際してもうまくいきませんでした。

ある時気づいたんです。僕が求めているのは彼女ではなくて母親だということに。

本当は母に甘えたかった。でも怖くて甘えられなかった。この子どもの時に取り残された感情を補うために無意識に母親探しをしていたことに気づいたのです。

みなさんはどうですか?

男性なら母親を、女性なら父親を心理的に求めているケースはあると思います。そして、それが健康的な関係性を築けなくさせている大きな原因の1つであると感じています。