自己実現できている人の特徴と自己実現につながる行動【マズロー】

psychology

こんにちは、あさのんです。

先日の記事でHit the Bottomについて書きました。カウンセリングでは玉ねぎの皮をむくように自分の内なる子(インナーチャイルド)を探していきます。そして見つかると至高体験をし、自己実現へとつながっていきます。

至高体験については下記の記事で少し紹介しました。

今回は自己実現できている人について、その特徴と自己実現につながる行動をまとめてみます。

自己実現できている人の特徴と自己実現につながる行動

jump
マズローの欲求段階説という理論を知っていますか?人間には基本的な欲求が段階的に5つあって、下の欲求が満たされると上の欲求に進むという理論です。

マズローの欲求段階説

マズローによると人間の基本的欲求は大きく分けて欠乏欲求と成長欲求があります。

欲求5段階説

①生理的欲求 食欲や睡眠、性欲など生きるために必要な欲求
②安全欲求 経済的安定や健康、危険のない生活など安全に生活したいという欲求
③所属や愛の欲求 家族や友人、組織などの集団への所属や人からの受容が欲しいという欲求
④尊厳欲求 他者による承認や尊敬などが欲しいという欲求
⑤自己実現欲求 自分の能力を最大限に開発し、発揮したいという欲求

①生理的欲求から④尊厳欲求までが欠乏欲求、⑤自己実現欲求が成長欲求になります。自己実現欲求だけ他の欲求とは性質が違います。

欲求5段階説に関しては調べればたくさんでてくるのでググってみてください。

みなさんはどの段階にいますか?

世代によって欲求のスタート段階が違うと思います。例えば、僕の祖父母の世代は食べていくので必死だったので、②安全欲求を満たすために必死だったはずです。

今の子どもたちは生まれてきた時点ですでに安全欲求が満たされている場合が多いですよね。多くの子どもは生まれてきて衣食住が脅かされることはあまりないと思います。

おそらく、多くの人は③社会的欲求や④承認欲求の段階にいると思います。

みなさんはどうでしょう?

自己実現できている人の特徴

マズローによると自己実現とは自分の才能や能力を十分に利用することができて、自分の思考や行動、情動の中に矛盾がない状態のことです。

また、自己実現は人間の精神的な成長のゴールとも言われています。

欲求5段階説の自己実現が満たされた人の特徴には以下のようなものがあります。

自己実現できている人の特徴

  • 感情的になることが少ない
  • 客観的に物事を見ることができる
  • 期待や不安、自我防衛などで自分の観察を歪めない
  • 創造的である
  • 自分と他者をありのまま受容できる
  • 人の幸福に関心がある

心が満たされている状態です。
こんな風になれたら幸せですよね。

自己実現につながる行動

では、自己実現するためにはどんなアクションをとったらいいのでしょうか。マズローが言っていることをいくつか紹介します。

  • 自分の行動に責任をとり、自分の内側に答えを求めること。
  • 自分の心を自覚して、それと調和した行動をとること。
  • 自分の直感や判断を信じて行動すること。
  • 自分の知性や能力を最大限に活用すること。
  • 自分の自我防衛に気づいてしかるべきときにそれを脱ぎ去ること。
  • 選択する場面では自分の成長につながる選択をすること。

こういった行動をしていくと自己実現につながります。

しかし、このような行動をするためには十分に愛されたり、受容されたりする経験が必要です。自己実現欲求の前の段階の欲求が満たされないとなかなか怖くて行動できないと思います。

【最後に】まずは愛される必要がある

hug
おそらく日本にいる多くの人は衣食住は満たされ、安全に生活ができていると思います。欲求5段階説の「①生理的欲求」と「②安全欲求」は多くの人は満たされていると思われます。

自己実現に向かうために必要なのは「③所属や愛の欲求」が本当の意味で満たされることです。ちゃんと褒められ、認められ、愛され、ありのままの自分が受容される体験をすることです。

自己実現をするためには自分を好きになる必要があるし、自分を好きになるためには自分が愛される必要があります。

愛されなければ愛せません。これは僕がたどりついた結論です。

こうやって欲求が段階で示されると自分の位置がわかりやすいですね。マズローによると自己実現は精神的な成長のゴールです。確かに、自己実現の段階にいけたら幸せかもしれませんね。