スポーツ

熊倉匠の出身中学・小学校や進路は?安斎颯馬とFC東京元チームメイト!

2021年1月11日に行われた第99回全国高校サッカー選手権2020で優勝した山梨学院高校。

決勝戦では2-2からのPK戦となり、チームを優勝へと導いたのは、ゴールキーパーの熊倉匠(くまくら・たくみ)でした。

 

高校サッカー史上最もうまいGKとして話題になっている熊倉匠さんについて、出身中学や小学は?今後の進路は?など色々気になることがありますよね!

 

当記事では、「熊倉匠の出身中学・小学校や進路は?安斎颯馬とFC東京元チームメイト!」と題して、熊倉匠さんの出身中学・小学校、今後の進路などについて、紹介していきます!

 

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

熊倉匠の出身中学・小学校は?

熊倉匠さんの出身中学校・小学校については、公表されていないため残念ながらわかりませんでした

ただ、小学校・中学校時代の所属チームはわかっていて、両チームとも東京都と埼玉県にあるので、熊倉匠さんは東京か埼玉の小中学校に通っていた可能性が高そうですね。

所属チーム

3歳からサッカーを始めたという熊倉匠さんは、小学校時代以降チームに所属し活躍してきたようです。所属チームは次の通りです。

・中学校時代:FC東京U-15深川
・小学校時代:レジスタFC

小学校時代に所属していたレジスタFCは埼玉県八潮市にあります。

レジスタFCの成績を公式ページで確認したところ、2013年までは小学生サッカーの大会で数々の素晴らしい成績を残していることがわかりました。

 

中学時代のFC東京U-15深川はとても強いチームですので、熊倉匠さんはかなり実力のあるゴールキーパーであると思われます。

 

調べたところ、足の怪我をしてしまったことがあり、選手として続けていくために「ゴールキーパー」を選んだとのことです。

 

現在はチームの守護神としてゴールを守る要となるプレーをしていますが、昔はバンバン得点する選手だったのかもしれませんね。

熊倉匠は安斎颯馬とFC東京元チームメイト!

熊倉匠さんは、決勝戦で対戦した青森山田高校の安斎颯馬さんと、FC東京でチームメートであったようです!

なんと、試合を決めたPK戦では、安斎颯馬さんのPKを熊倉匠さんが止めたようで、FC東京同士の戦いとなったようでした。

こちらがその動画です。

また試合の終盤で足がつってしまった安斎さんの足を、熊倉匠さんが伸ばしてあげたそうです。

試合後、悔し涙を流す安斎さんにかけよる熊倉さん。

このシーンに泣いた高校サッカーファンの方々は多かったのではないでしょうか。

熊倉匠さんも安斎颯馬さんも今後の活躍が楽しみです!!




熊倉匠の進路は?

結論として、立正大学に進学することが決定しているようですね。

熊倉匠さんは立正大学で安斎颯馬さんは早稲田大学に進学することになるということで、SNSではかなり話題になっています。

熊倉匠さんは今大会で試合を決定づける活躍をされたので、プロ入りしても全然おかしくないと思うのですが、大学に進学するのですね。

 

立正大学で活躍し、スーパーGKとして今後の活躍を期待したいところです!

また今大会のように安斎颯馬さんとの対戦が見れたらとても面白そうですね!!




まとめ

今回は「熊倉匠の出身中学・小学校や進路は?安斎颯馬とFC東京元チームメイト!」と題しまして、熊倉匠さんの出身中学や小学校、進路について調べたことをまとめました。

熊倉匠さんの出身中学や小学校についての情報はネット上で確かなものがありませんでしたが、高校卒業後の進学先として立正大学を選んだようです。

今後もゴールキーパーとして活躍してくれると思うので、今から楽しみですね!

熊倉匠さんの身長・体重などのプロフィールや、インスタの画像などについてはこちらにまとめました。ぜひご覧ください!

 

今大会では安斎颯馬さんと感動の場面をたくさん見せてくれましたが、なんと二人はFC東京U-15深川のチームメイトだったということがわかりました。

試合中の感動シーンはFC東京時代が関係していたのですね!!

とても感動しました!

 

それでは、今回はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました!