スポーツ

角田裕毅の年収はいくらでスポンサーはどこ?海外の反応についても!

2021年に20歳という若さでF1デビューをはたす角田裕毅さんが話題ですね!

F1ドライバーがデビューをするのは平均年齢が30歳と言われている中ですので、華々しくデビューした角田裕毅さんには大いに期待ができます。

そこで個人的に角田裕毅さんのような若くて活躍しているF1レーサーがどれくらい稼いでいるのかが気になりました!

 

今回は「角田裕毅の年収はいくらでスポンサーはどこ?海外の反応についても!」と題して、角田裕毅さんの年収やスポンサー、海外の反応についてまとめました!

▼今回まとめた内容はこちら▼

・角田裕毅の年収(年俸)はいくら?

・角田裕毅のスポンサーはどこ?

・角田裕毅についての海外の反応や評価は?

それでは、さっそく本題に入っていきましょう!

角田裕毅の年収(年俸)はいくら?

調べてみたところ、角田裕毅さんの推定年収(年俸)は50万ドル(約5200万円)であることがわかりました!

アルファタウリ・ホンダでF1デビューを果たす20歳の角田裕毅は50万ドル(約5200万円)と算出されている。

引用元:F1-gate.com

 

角田裕毅さんは20歳ですが、日本の20歳のサラリーマンの平均年収は279万円です。

角田裕毅さんはサラリーマンの平均年収の18倍をも稼いでいることになりますので、本当に若くしてすごいですよね!

 

ちなみにF1レーサーで一番稼いでいるのは、ルイス・ハミルトンで、その年収は3000万ドル(31億3800万円)だそうです。

角田裕毅さんの年収もすごいですが、トップF1レーサーとなると年収は桁違いです。

 

これまでの日本人F1レーサーの年収を調べてみましたが、鈴木亜久里さんは10億円も稼いでいますので、F1レーサーは本当に夢のある仕事ですね!

日本人F1レーサーの年収

・小林可夢偉 約2000万円

・佐藤琢磨  約9億円

・中嶋一貴  約1億円

・片山右京  約7億円

・鈴木亜久里 約10億円

 

角田裕毅さんも今後活躍して、億を超えることが期待されています。

角田裕毅さんの今後の活躍がとても楽しみですね!




角田裕毅のスポンサーはどこ?

角田裕毅さんの現在のスポンサーは全部で7社もあることが分かりました!

角田裕毅のスポンサー

・アルファタウリ

・株式会社マセキ芸能社

・フジコーワ工業株式会社

・株式会社アライヘルメット

・株式会社プラッツ

・本田技研工業株式会社

・ホンダカーズ神奈川西

 

角田裕毅さんのように高額年収を勝ち取るには、手厚いスポンサーが必要です。

しかし、角田裕毅さんのスポンサーにホンダが入っていますが、2022年にはホンダがF1を撤退するというニュースがあるのも事実。

 

ホンダのような大企業がF1から撤退してしまうのは、日本人F1レーサーにとっては辛いことだと思いまし、年収にも響いてきそうな感じがしますね。

ホンダのブランドコミュニケーション本部・渡辺康治本部長は「ホンダにとってF1参戦最終年となりますが、ファンの皆様、そして各方面への関係者の皆様にこれまでの感謝の意を示したい」とF1への挑戦を続けてきたホンダの想いを表現しました。

引用元:Yahooニュース

 

いずれにしても、角田裕毅さんのことを支えているスポンサーは複数ありますし、今後の活躍でスポンサーを名乗り出る企業も増えるかと思います!

角田裕毅さんが安心してF1に取り組めるような環境やサポートが与えられることを願っています!




角田裕毅についての海外の反応や評価は?

角田裕毅さんの海外の反応や評価について調べたところ、海外の反応や評価がかなりいいことがわかりました!

イギリスのあるメディアが選んだ2020年ベストF2ドライバーで角田裕毅さんは1位に選ばれています

イギリスはF1の本場なのですが、F1やF2ドライバーの1年間の戦いぶりを見て、ドライバーとしての評価をトップ10でランキング付けをしています。

 

角田裕毅さんはポールポジションを取れる速さ、タイヤマネジメント能力、勇敢なオーバーテイクを1年に渡り見事にこなした点を絶賛されていました!

また、2020年FIAが選出するルーキーオブザイヤーを角田裕毅さんが受賞しています!

毎年恒例のFIA表彰式(FIA Prize Giving ceremony)が12月18日(金)にスイス・ジュネーブのインターコンチネンタルホテルで開催され、角田裕毅が日本人初となるFIAルーキー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた

引用元:F1 Formula-1 DATA

 

ルーキーオブザイヤーはFIAが主催する全てのレースカテゴリーの中から、特筆すべき活躍をした新人ドライバーを選出するもので、F1ドライバーが選ばれることが多いです。

F2ドライバーとしては2017年にC.ルクレール選手がルーキーオブザイヤーに選ばれていますが、角田裕毅さんはそれ以来の受賞になります。

 

角田裕毅さんがこのような賞を受賞されているということは、海外の反応や評価が良いという証拠であり、世界が認めるレーサーであることは間違いありません。

 

これからの角田裕毅さんの活躍が期待されますね!!




まとめ

今回は「角田裕毅の年収はいくらでスポンサーはどこ?海外の反応についても!」と題して」、角田裕毅の年収やスポンサー、海外の評価や反応をまとめました。

角田裕毅さんの年収(年俸)は50何ドル約5200万円でした。

角田裕毅さんのメインスポンサーは7社ありましたが、その中でも大手のホンダがF1から撤退することが決まっており、角田裕毅さんにとっては不安の種なのではないかと考えます。

 

角田裕毅さんは海外メディアからの反応や評価は高く、F2ドライバーでありながら、数々の賞を受賞しており、高評価を得ています。

FIAが主催する全てのレースカテゴリーの中から選ぶ、優秀な新人ドライバーにF1選手を差し置いて、F2で活躍した角田裕毅さんが受賞したのは本当に素晴らしいですよね!

 

これから伸びるF1選手として、角田裕毅さんは大いに期待でき目が離せない存在です。

 

それでは今回は以上となります。

最後までお読みいただきありがとうございました!